うつ病(鬱)

ナチュロパシック医学講座終了uのサプリメントがありますので

2015/09/20

昨年10月から月2回1年間行われてきましたナチュロパシック医学講座が無事終了いたしました。この講座は米国のナチュロパシックドクターからスカイプを使って直接授業が受けれるという夢のような講座でした。

米国は日本と違いメディカルドクターMDだけではなくナチュロパシックドクターNDが存在します。
薬の処方や簡単な手術もできますがなるべく自然治癒力を高め自然に病気を治す事を行います。
即ち、薬以外にビタミン、ハーブ、カウンセリング、ホメオパシー、ハリ、手技などを用いるわけです。
普通の病院と同じようにさまざまな病気の方が来院いたします。癌の治療も行われております。彼らにはビタミンのカクテルを点滴するのが主流となっております。また、医療用のサプリメントの併用によりその効果を上げております。今年2015年2月の米国のフォックスニュースによりますといわゆるマルチビタミンを日常採っている方は採らない人に比べて27パーセント癌になる確立が減りまた、一度癌に冒された人でも8パーセント再発の確率が減るというデーターが発表されました。但しあくまでも信用のあるものに限ります。米国では医療用のサプリメントがありますのでそういったものでないと信用できません。

病気を早く回復させるにはなぜ、病気になったのかを考える必要があります。目先の原因にとらわれずに根本原因を探ることが必要になります。
私の今までの経験、文献などから病気の根本原因は栄養、ストレス、体の歪みこの3つであると確信しております。
この中の栄養の部分を一年間NDから講習を受けていました。ホルモンの話、糖尿病、デトックス、アンチエイジング、ビタミン、腸内細菌(プロバイオティクスとプレバイオティクス)、甲状腺、副腎、オーティズム(自閉症)などを基礎医学おもに生理学の説明のもとにより深く学んできました。

その結果、難病と呼ばれるものの回復を早めることができるようになりました。
体の歪みを整え血液、リンパの流れを正常化させ、ストレスをなくし、体にとってよくないものを避け、いい栄養素を入れていくと当然自然治癒力が高まり体の調子がよくなります。体全体をみて施術する方法が一見回り道のように見えましてもそれが最も早い体の回複方なのです。しかも複数の症状が一度に回復する可能性が高いのです。

9月で講座は終了しましたが10月からは勉強会という形で、この勉強は続いていきます。ナチュロパシックの勉強をしたい方はこちらを見てください。

また体の歪みを自分で正す事の出来る均整体操の指導者養成講座も10月から始まります。この講座は指導者養成のための講座ですが、自分の病気を治すために参加される方もおられます。学びたい方はだれでも参加できます。詳しくはこちらから

↑PageTop

うつ病

2011/06/03

今日、久しぶりにうつ病の患者さんがこられました。普通はいろいろ悩むところですが、以前うつ病の患者さんが多く来られれいたのでその対処法も心得ております。いろいろ改善法を試しましたが基本の方法で十分改善いたします。均整法は患者さんの症状には左右されません。症状を観るのではなくあくまでも体型を追い求めます。すなわちゆがみを整えることのみを行います。そうすると後はかってに自然治癒力が働きあらゆる症状がよくなるのです。うつ病の人も例外ではありません。うつ病というと特別な病気のように思いますがゆがみを整えるとよくなってしまうのです。東洋医学では心臓がストレスを受けると狭心症などの心疾患になるか精神に異常をきたすことになっています。すなわちうつ病も心臓のストレスを取り除くとよくなることになっているわけです。ではどうすれば心臓のストレスを取り除くことができるかというと各臓器は胸郭の中に入っています。胸郭が緊張すると中に入っている臓器がストレスを受けます。心臓が受けるとうつ病、狭心症になるだけなのです。ですから胸郭の緊張をとることがうつ病解決の近道ですが、これをとるには体全体のゆがみを正すと胸郭の緊張も取れるのです。すなわちゆがみを正すとうつ病もよくなるのです。均整法の施術を定期的に受け、自宅では均整体操(均整関節体操・均整筋肉体操)をすることが一番の近道なのです。

↑PageTop