50歳代後半女性でへバーデン結節、膝痛、喘息をお持ちの患者さんが来院されました。

2018/06/07

へバーデン結節で右の中指第一関節が腫れて痛みがあり、両膝痛、喘息、右耳の詰まりをお持ちの50歳代後半の女性患者さんが来院されました。

カウンセリングを行いますと食べ物では甘いものが大好きということでしたのでこれを一定期間やめてもらうことにしました。へバーデン結節などの慢性症状をお持ちの方は食べ物ではアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いもの(果物含む)が原因となりますのでまずそれを止めて水を飲むのが改善の早道となります。こちらを見てください。(動画)。

ストレスを取り除く方法を解説しまして。あとは体の歪みをとるだけで在ります。見た目の歪みだけではなく、前後、左右、回旋動作でやりにくい動作が一つでもありますと体は歪んでいます。これを改善するために均整体操をしてもらいました。均整体操で体全体の歪みを正し、均整法の施術で体の細部の調整を行いました。指の痛み違和感はなくなりました。両膝痛の原因は足の形にありました。膝から下が外側に膨らんでいて馬足になっていました。この形の人は立っているだけで膝内側に重心が来ますので膝の内側が取りをとりますと痛くなりやすいのです。それを改善するためには足の甲外側の緊張を最初に取り除き脛骨、腓骨を伸ばす必要があります。それを行ったところ膝を深く曲げても痛くなくなりました。本人はもう膝を深く曲げれないと思いこんでいたようですが原因を追究すれば一般ではだめだと思っていた症状が実は簡単なことでよくなります。膝痛ではいろいろな治療所に行っていてもう半ばあきらめていたようですが痛みがなくなり喜ばれていました。

こちらの患者さんは肩こりもありましたが。それもよくなり喜んでお帰りになりました。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...