2016年5月

内臓からくる肩こり、首痛、皮膚症状

2016/05/30

先日、本人曰く、内臓からくる、肩こり、首痛、皮膚症状をお持ちのの20代男性患者さんが来院されました。過去に30件以上の治療所に行きましたが解決できないと嘆いて来院。

いつものようにカウンセリングから始まり病気の原因を説明。この段階で食べ物が大きく関係していることが分かりました。すなわち甘いものが大好きということで待合室で待っている間も甘いものを食べていたくらいです。それを一定期間やめないとよくならないことを指導しました。どこの施術所でもそんなことを言われたことはなかったそうです。

その後均整体操、均整マニュアルセタピーを行いゆがみが正されたことを確認して終了です。家では均整体操を行い、甘いものをやめればよくなることを再度告げました。やめないと繰り返しになることも告げました。若い方でしたので体にいいことをすればすぐに良くなると思います。

↑PageTop

へバーデン結節

2016/05/27

へバーデン結節についてはかなり詳しくHPに書いていますので、最近はそれを熟読して来院される方が増えています。

当院では最初にカウンセリングで病気の原因についてお話いたします。その後均整体操を行い体全体のゆがみが自分で取れることを確認してもらいます。こんな体操が本当に有効なのかとほとんどの方はお感じになられますが効果は抜群です。ポイントは体全体特に指先の力をぬいて行うことです。見た目はだらしないように見えますがこうしないと体全体の筋膜を効果的に緩めることはできません。普通の体操は指先を伸ばして見た目にもきれいでなければ良しとしませんが。子の体操に限っては全く逆の発想でできています。ほとんどの方は体全体が柔らかくなったのをお感じになられます。

その後均整マニッアルセラピーで細かいところのゆがみを正していきます。ほとんどの方はその場で指が楽になるのをお感じになります。当院には遠くから来られる患者さんが多いのでできるだけ家に帰って自分でできることをお教えいたしております。それを行うだけでもかなり楽になる方が多く喜ばれております。

お分かりのように当院では病名による施術は致しません。その人の体のゆがみを正すことにより自然治癒力を高め病気解決へと導きます。そうすることが最も早く解決する道だと信じております。

↑PageTop

人差し指の痛み、しびれ

2016/05/22

先日、左人差し指に2年前から痛み、としびれがある患者さんが来院されました。

原因は歩いていて人とぶつかりその時に肘を後ろに持って行かれたとのこと。その時は大丈夫だったのですが日にちが立つにつれ、痛みとしびれが起こってきたとのことです。

均整体操で体全体のつが実を正し、その後施術しました。左の前腕伸筋の緊張と肩の屈筋の緊張を緩めると楽になりました。肘を後ろに持っていかれた時にその部分が緊張しそれがずっと残ってしまったようです。

それにしても2年間も痛みしびれがあったなんて、楽になってよかったです。

↑PageTop

左肩痛、頸コリ

2016/05/12

先日、米国在住の女性患者さんが来院されました。母親が当院の患者さんで来日に合わせて来られました。母親とはポルトガル語で話し、日本語はほとんど話せないようでしたので、片言の英語で施術することになりました。

当院では患部が今の症状の原因とは考えず、ほかの緊張ポイントが体全体のゆがみを作っていると考えます。そのことを始めに説明して施術いたしました。肩、首がつらいと訴えていましたが、明らかに左太ももの緊張が原因だとわかりましたのでその部分の緊張をとるべく均整体操をしてもらいました。体のゆがみがあると前後、左右、回旋動作の中でやりにくい動作がありますのでそれがやりやすくなるとゆがみが取れたことになります。体操後動作を見ますと後ろに反れなかったのがそれるようになっていました。すると肩、首の痛みももうなくなっていました。最後に均整マニュアルセラピーで施術をするとさらに楽になり喜んでお帰りになりました。

↑PageTop

へバーデン結節

2016/05/10

昨日もへバーデン結節と膝痛をお持ちの患者さんが来院、いつものようにその原因を説明、その後ゆがみを自分で正すことのできる体操をレクチャーしました。この段階ですでに指の握りがよくなっていました。

水を飲んでもらい。均整施術を行いました。この施術法は痛みのある場所だけを施術するのではなく、体全体のゆがみを正すことにより健康を回復する方法です。

終わった時には膝の痛みもなくなっていました。

↑PageTop

最新記事