2015年1月

へバーデン結節

2015/01/30

へバーデン結節の問い合わせは毎日ありますが、改善するためのポイントは体全体を見ることを行います。

へバーデン結節は指の病気ではなく腎臓がストレスを感じているためにおこる内臓の病気としてとらえることが重要です。腎臓がストレスを受けますと脳・脊髄 頭 髪 歯 骨 膀胱 耳 生殖器 体液 関節などに異常を表すと東洋医学では4000年も前から言われています。その異常が指の第一関節に現れたものがへバーデン結節なのです。

ではどうすれば改善するかですが、腎臓にかかっているストレスをとるようなことを行えばいいのです。如何すれば腎臓にストレスがかかるのかといいますと、病気の根本原因である栄養、ストレス、体の歪みこの3つを解決すればいいのです。
これを解決しますと必ずやいい方向に進みます。根本原因を取り除くにはこちらを見てください

↑PageTop

病気の根本原因

2015/01/26

病気の種類は五万とありますがその真の原因は突き詰めていきますと以下の3つに集約されると思います。

1 栄養

2 ストレス
 
3 体の使い方・歪み


栄養
栄養というのは一言で言いますと体にいいものを取り込んで、悪いものを取り込まないのが基本となります。毎日一定以上の量を取り込むと体によろしくないものとしてはアルコール・コーヒー・たばこ・甘いもの(果物も含みます。)緑茶の濃いものであります。
体に不具合だ出ている人は上記のものは一定期間やめなければなりません。私が最初におすすめしているのはまず2週間は完全にやめることです。2週間すると体が楽に感じるようになってきます。そうするともう少し続けようという気になります。
そして水をよく飲んでください。一日1500ccから2000cc位。またビタミンCを飲むこともおすすめいたします。抗酸化作用が強いものですのでフリーラジカルの掃除を行います。またコラーゲンの原料ですので細胞膜の再生にも役立ち体の柔軟性も増します。

当院ではまず最初に上記のことをどんな症状の人にもお勧めしております。

栄養療法の第二段階としましては、体の各器官が正常に働くためには90種類の栄養素が必要だといわれています。その内訳は60種類のミネラル・16種類のビタミン・12種類のアミノ酸・2種類の脂肪酸です。ところが現代ではこれらの栄養素が十分に取れていないといわれています。それが原因で体の調子を崩すことにもなります。そういったことで当院ではマルチビタミンの摂取・及びオメガ3の摂取をお勧めしております。オメガ3とはEPA・DHAのことで必須脂肪酸であります。炎症止め、血管の掃除のやくめがあり皮膚、関節、脳血管系のヘルスケアに役立ちます。

ストレス
ストレスはだれにでもあり、普通のストレスであるならば問題はありません。重篤なの菜ストレスがある人はそれを解決しなければなりません。カウンセリング、オンサ療法、手技療法で解決していきます。

体の使い方・歪み
体の調子を崩している方は、ちょうどホースがねじれた状態となっており、血流、リンパの流れが悪くなっています。体を動かしてみますと例外はありますが前後、左右、回旋動作を行うとやりにくい動作が出てきます。一つでもこれがあると体は歪んでいます。この3つの動作がすべてスムーズにできるようになるとゆがみは取れていると負うことになります。

 

例、F1(前重心)の人は、立っているだけで赤い部分に重心がかかります。それ自身問題はありませんが、今は便利な世の中で、朝起きて夜寝るまで毎日同じ体の使い方をします。そうしていますとF1の方は赤い部分が硬くなります。そうなりますと筋膜が引っ張り合いF1体型の方は前屈ができなくなります。そんな時に膝、指、腰、肩、目などに異常を感じると病院ではその部位を治療しますが、私のところでは赤い部分の緊張をすべてほどくようなことを行います。そうしますと前屈ができるようになりねじれたホースが元に戻り健康へと自然と導かれます。
F1(前重心)の方はどんな症状でも下記の赤い部分の緊張をとるようなことを行います。そうするとゆがみが取れ自然治癒力が最大限に発揮できます。当院はそういった施術を行い短期間で症状改善を行っております。

img032-1.jpg
img033-1.jpg


 

↑PageTop

病気の根本原因

2015/01/26

病気の種類は五万とありますがその真の原因は突き詰めていきますと以下の3つに集約されると思います。

1 栄養

2 ストレス
 
3 体の使い方・歪み


栄養
栄養というのは一言で言いますと体にいいものを取り込んで、悪いものを取り込まないのが基本となります。毎日一定以上の量を取り込むと体によろしくないものとしてはアルコール・コーヒー・たばこ・甘いもの(果物も含みます。)緑茶の濃いものであります。
体に不具合だ出ている人は上記のものは一定期間やめなければなりません。私が最初におすすめしているのはまず2週間は完全にやめることです。2週間すると体が楽に感じるようになってきます。そうするともう少し続けようという気になります。
そして水をよく飲んでください。一日1500ccから2000cc位。またビタミンCを飲むこともおすすめいたします。抗酸化作用が強いものですのでフリーラジカルの掃除を行います。またコラーゲンの原料ですので細胞膜の再生にも役立ち体の柔軟性も増します。

当院ではまず最初に上記のことをどんな症状の人にもお勧めしております。

栄養療法の第二段階としましては、体の各器官が正常に働くためには90種類の栄養素が必要だといわれています。その内訳は60種類のミネラル・16種類のビタミン・12種類のアミノ酸・2種類の脂肪酸です。ところが現代ではこれらの栄養素が十分に取れていないといわれています。それが原因で体の調子を崩すことにもなります。そういったことで当院ではマルチビタミンの摂取・及びオメガ3の摂取をお勧めしております。オメガ3とはEPA・DHAのことで必須脂肪酸であります。炎症止め、血管の掃除のやくめがあり皮膚、関節、脳血管系のヘルスケアに役立ちます。

ストレス
ストレスはだれにでもあり、普通のストレスであるならば問題はありません。重篤なの菜ストレスがある人はそれを解決しなければなりません。カウンセリング、オンサ療法、手技療法で解決していきます。

体の使い方・歪み
体の調子を崩している方は、ちょうどホースがねじれた状態となっており、血流、リンパの流れが悪くなっています。体を動かしてみますと例外はありますが前後、左右、回旋動作を行うとやりにくい動作が出てきます。一つでもこれがあると体は歪んでいます。この3つの動作がすべてスムーズにできるようになるとゆがみは取れていると負うことになります。

 

例、F1(前重心)の人は、立っているだけで赤い部分に重心がかかります。それ自身問題はありませんが、今は便利な世の中で、朝起きて夜寝るまで毎日同じ体の使い方をします。そうしていますとF1の方は赤い部分が硬くなります。そうなりますと筋膜が引っ張り合いF1体型の方は前屈ができなくなります。そんな時に膝、指、腰、肩、目などに異常を感じると病院ではその部位を治療しますが、私のところでは赤い部分の緊張をすべてほどくようなことを行います。そうしますと前屈ができるようになりねじれたホースが元に戻り健康へと自然と導かれます。
F1(前重心)の方はどんな症状でも下記の赤い部分の緊張をとるようなことを行います。そうするとゆがみが取れ自然治癒力が最大限に発揮できます。当院はそういった施術を行い短期間で症状改善を行っております。

img032-1.jpg
img033-1.jpg


 

↑PageTop

海外からの来院

2015/01/06

このところ海外在住の日本人の方が多く来院いたします。先日も米国、西海岸に在住の方が来院されました。HPは世界中どこにいても閲覧することができますのでこういったことが起こります。

この方は、体全体、特に首、足裏の痛みが主に辛く、どこかいいところがないか探しておられ、体全体を根本的に見てもらえそうだということで来院されました。

いつものように病気の原因についてお話し、どういったことが今の症状を起こしているかをカウンセリングで探していきます。栄養なのか、ストレスなのか、体の使い方、歪みなのか。40分ほどお話をして施術方針を決めました。こちらの方は体の使い方に問題がありましたので、修正法をレクチャーして実際にやっていただき修正できることを確認していただき、最後に施術を行いました。最後に自宅で行う事を復習して施術は終わりました。足の痛み、首の辛さは取れていました。2時間くらいかかりましたが納得してお帰りになられました。当院は根本的に改善したい方は初回は2時間のコースをお勧めいたしております。話だけで1時間くらいかかりますので。2回目からは1時間もしくは30分コースをお選びいただいております。

↑PageTop

最新記事