2013年10月

血尿(微小血尿)、へバーデン結節

2013/10/25

昨日へバーデン結節の女性患者さんが来られました。一年前ほどから血尿2+がでているとのことですが病院では様子を見るということで経過観察をしてきましたが2か月前から血尿3+になり気になって来院されました。
へバーデン結節自体も腎臓のストレスが原因ですのでその因果関係も知りたかったようです。

当院では症状による施術は致しません。その人の体のゆがみを整えることを行いますのでまず、体の観察をいたしました。すると、その原因がすぐに推測されました。一応病院で検査を受けて現代医学的には異常がないことがわかっていましたので、どこかの筋肉筋膜が異常緊張を起こし、それが腎臓周辺の筋肉の緊張を起こさせ腎臓がストレスを受け血尿を出しているといるということです。

観察の結果右足股関節から膝周辺の筋肉が異常緊張を起こしていました。それが原因で体全体がゆがみ腎臓がストレスを受けていたようです。この部分を調整しましたところ体の柔軟性が増し、体全体が柔らかくなりなり、前後、左右、回旋動作すべてが均等に動かせるようになりました。いわゆる体のゆがみが取れたのです。施術をする前は後ろに全く反れませんでした。次回の検査が楽しみです。

↑PageTop

膝痛(膝の痛み)

2013/10/18

膝痛の患者さんが来られました。テニスで痛めたようですが、円盤状半月板でありそれも影響していると病院では言われたそうです。

さっそく観察してみますとテニスをしているということで中腰の姿勢をすると大腿四頭筋が緊張しますので体型調整後にその部分の緊張を横からはじくようにほどいていきました。また、膝自身の負担もあるために膝関節周囲の筋膜をはがす操作を行いました。するとかなり深く曲げても痛みはなくなりました。

膝を深く投げる習慣がなくなってしまったので膝痛の方が増えています。大切なのは予防です。日に一度は踵を上げてしゃがむ習慣をつけますと膝痛予防になります。

↑PageTop

何故、体のゆがみを正すと症状が改善するのか?

2013/10/16

病気を起こすのには必ず原因があります。医者の診察を受けますと血液検査、レントゲンなどの検査を受けますがそれで異常がなくとも体の不調を訴える人が数多くいます。

病院では検査に異常がなければ原因はわからないということになります。もし、検査項目に体のゆがみというものがあればそういったことがなくなると思われます。

体のゆがみとは見た目のゆがみと前後、左右、回旋動作のうちやりにくい動作があればゆがみがある体ということになります。ゆがんでいる体には体のある部分が固くなっています。立っている姿勢で重心がかかっている部分が固くなっています。その部分は体型によってある程度決まっています。その部分の緊張をほどくと前後、左右、回旋動作に制限がなくなりゆがみのない体となります。そうなりますと血液、リンパなどが正常に流れ、自然治癒力が最大限に働くようになります。結果として体の辛い症状などが改善へと導かれるわけであります。体のゆがみが体の健康に大きく左右されることを早く多くの方に知ってもらいたいです。そうすれば難病などの方たちにも改善への道が開けます。

↑PageTop

ヘバーデン結節、プシャール結節

2013/10/13

2年ほど前から来院している70代女性から、自分のヘバーデン結節、プシャール結節が改善しているので困っている人のために報告してほしいという依頼がありました。体験談を書いてもらえばいいのですが忙しいのでこちらで報告してくださいとのことですので報告させていただきます。

この女性の方は10年ほど前からヘバーデン結節、プシャール結節の症状がありましたが病院では老化だから仕方がないといわれあきらめていました。ある日こちらのウェブサイトを見て来院されました。

30分ほど原因、今後の施術方針などをお話してから、家でできる均整体操をしてもらい体のゆがみがある程度自分でとれることを体験してもらってから均整法の施術を行いました。その場で痛みが取れ喜んでいました。その後家では均整体操をしてもらいときどき来てもらうことにしてもらいました。順調によくなり指の変形もよくなってきましたが。もともと甘いものが好きな方でありましたので油断して、もらいもののお菓子を10日ほど連続で食べたところまた痛みが出てきてしまいました。これは大変だということで来院されました。また、指が腫れていました。施術をやり直し食べ物、特にコーヒー、甘いものは厳禁ということでいえでは引き続き均整体操をしてもらい月に一度くらい来院してもらうことにしました。そのかいあって3か月ほどでよくなりました。今ではときどき来院する程度でいい状態になりました。痛みは全くなく指全体が柔らかく色もいい状態です。このまま続ければ他の病気にもかからず元気に過ごせると思います。とりあえずコーヒ、甘いものはやめ水をよくのみ均整体操を行ってみてください。かならずいい状態になると思います。、

 

↑PageTop

ヘバーデン結節

2013/10/13

インターネットは便利なもので世界中からウェブサイトを見ることがつできます。当院のウェブサイトも海外在住の日本人の方が多数閲覧しております。先日も日本帰国時にあわせて当院を予約し来院されました。ヘバーデン結節で指の痛みがあり困っているとのことでした。

いつものように原因は腎臓のストレスであること、それが食べ物、ストレス、体のゆがみに起因することを説明し、均整体操、均整法を行いました。

この方は体のゆがみが主な原因でしたのでその場で痛みがとれ楽になりました。食べ物(コーヒー、甘いもののとりすぎ)によるものは月単位でよくなる傾向になります。

あきらめずに原因を追求すれば改善に向かいます。

↑PageTop

血尿、微小血尿(顕微鏡的血尿)

2013/10/02

先日、腰痛の患者さんが来られました。話を聞いてみますと昨年9月ごろから痛くなり今日まで続いているとのこと。整体にも通っていたが一向に良くならないとのことで来院。

話をよく聞いてみますと腰が痛くなったころから血尿が出ているとのこと。血尿と言いいましても微小血尿で見てもわからないものです。病院では女性にはよくあり経過観察しましょうと言われたそうです。しかし腰の痛みもありますのでここには腎臓にストレスがかかっているに違いないと思い施術しました。

じっとしている分には痛みがなく体を動かすとある一点に痛みがあります。体全体のゆがみをとっただけでは痛みは取れませんでした。そこで腰以外でこの患者さんに傾斜圧のかかった部分を圧定して体を動かしてもらったところ痛みはなくなりました。ちょうど肩甲骨に下あたりでした。この部分で腎臓の周りの筋肉を引っ張っていたようです。そのために微小血尿が出ていたと推測されます。

私自身微小血尿が以前あり、発覚後一年後に病気が発病しました。病院での検査で経過観察の人は必ずどこかに異常個所がありますので均整院で施術を受けることをお勧めいたします。

↑PageTop

血尿、微小

2013/10/02

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201

TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


BLOGもCHECK!! - 三起均整院の健康BLOGの更新情報です。

血尿(微小血尿)、へバーデン結節 (2013/10/25)

膝痛(膝の痛み) (2013/10/18)

何故、体のゆがみを正すと症状が改善するのか? (2013/10/16)