2013年7月

指の痛み、へバーデン結節、リウマチ、プシャール結節

2013/07/31

最近、指の痛みで来院する患者さんが急増しています。指の痛みといいますと、関節リウマチ、へバーデン結節、プシャール結節などがありますが、これとは違った形の指の痛みの患者さんが増えてきています。すなわち左右の指が痛いが血液検査でリウマチ因子がでない、また結節、すなわち指の膨らみがなく、見た目はまったく普通の指であるにもかかわらず指が痛み、また、曲げにくくなるものです。

上記の物は東洋医学では同じ原因として取り扱います。すなわち指の痛みは指の病気ではなく骨の病気としてとらえるのです。骨の病気は腎臓の病に分類されています。他にも耳、関節、髪の毛などの疾患も腎臓のストレスが原因となっています。

ですから指の痛みは腎臓のストレスを取り除けば改善されると考えます。

腎臓がストレスを受ける要素は大きく分けて3つあります。ひとつは食べ物です。アルコール、たばこは昔から健康に良くないといわれますが、これにコーヒー、と甘いもの(果物、ジュースも含みます。が腎臓にストレスを与えます。指に痛みがある人はこれらをやめなければなりません。それが指の痛みを改善する第一条件です。食べ物が原因の指の痛みはこれらを改善すればいい方向に向かいます。ただし、月単位で改善していきますので一週間コーヒーを飲むのをやめたからといってもすぐには良くなりません。1か月、2か月3カ月4か月と続けて初めて改善し始めます。そのことは初めに知っておいてください。

2つ目はいわゆるストレスです。家族に病人がいるとか、などの大きな悩みがあっても腎臓にストレスをかけてしまします。夜寝る前におでこに5分間手を当てて寝ますとストレスは取れてきます。お試しください。

3つ目は体のゆがみです。ゆがみとは見た目のゆがみもありますが、前屈、後屈、左屈、右屈、左回旋、右回旋の動作をしてひとつでもやりにくい動作があればからだはゆがんでいます。これらの動きがすべてスムーズになれば体のゆがみは正され腎臓のストレスもとれるのです。自分で行うには均整体操がお勧めです。うまくできない方、なかなか改善しない方は、お近くの均整院で施術を受けてみてください。

上記のことを行えば体は正直ですので今よりは症状が改善する見込みがあります。あきらめずに行ってみてください。

 

↑PageTop

膝痛

2013/07/28

最近膝痛の患者さんが多く来られますが、若い方も増えています。昨日も30代の若い女性の患者さんが来られましたが運動により中学生の時に右ひざを手術、その後はっきりせづに最近では両膝が歩くと痛く、生理痛もひどいとのこと、早速観察をしてみます(前後、左右、回旋動作をしてもらう。)と後ろに反ることができません。均整体操をしてもらい全体のゆがみをまず整えました。すると体全体の柔軟性が増しました。これには本人もびっくり。膝裏のしこりもある程度取れ痛みが半減しました。その後均整法の施術うを行いました。左足が異常に緊張していましたのでこれが膝痛、生理痛の原因だと説明しました。若い女性はかかとのある靴を履くために膝周辺の筋肉筋膜が異常に緊張しています。そのために膝周辺の筋肉が卵巣周辺の筋肉、筋膜を引っ張り卵巣、子宮の機能異常を起こし生理痛になるものと思われます。それを取り除くと膝痛、生理痛が改善されるのです。彼女の場合は足の甲の異常緊張が原因でした。立った姿勢で足の甲の緊張を取り除くと膝の痛みがなくなりました。生理痛も改善するはずです。次回来られた時が楽しみです。最後に小顔の調整も行いましたがこれも本人びっくり。

↑PageTop

米国での均整法

2013/07/20

米国での均整法と題して、

ニューハンプシャー ナチュロパシー医学協会会長

KINA(均整インスティテュート ノースアメリカ理事)

Dr. Tina Beaudoin, NDより以下の書簡をいただきましたのでここに報告いたします。これは2013年 月刊手技療法(たにぐち書店)7月号に載せたものであります


 米国では、選ばれたナチュロパシックドクター(ND)により、日本の素晴らしいユニークな手技療法である均整法が非常に適切に受け入れられています。

慢性疾患に傾いている患者にさらなる修復と治療法を提 供できる事は大変素晴らしいことです。構造上の バランスと整合性は、心身共に健康において 必要不可欠にも関わらず見過ごされています

氷山の一角の様に、病気の多くの原因は表面下にあります。 症状とは何かが間違っていることを伝える身 体の警告サインです。 NDは、単に症状を緩和するのみでなく根本的な原因を探ることに主眼をおいています。 NDと患者たちは、彼らの疾病改善の本治に 均整法が有効である事に感謝しています。

ナチュロパシックドクターの最初のグループは、均整法 を直ちに導入しました。 それぞれの患者を個人として治療し、個々の 必要に合わせた治療法を選択するNDは高い評価 を受けています。 このように、均整法は、NDの生体力学的な歪みパターンの観点から個別に各患者を評価し、治療するために、別の方法を提供しています。 そして2012年には、北米にKinsei Institute of North  Americaが医師と患者 の両方の強い熱意によって設立されました。 均整法のさらなる成長にどうぞご期待ください!

In the USA, Kinsei Therapy has been very well received by the select naturopathic doctors taught this unique system of Japanese physical medicine.  In a time when rates of chronic illness are at a steady incline, it is very exciting to have an additional healing modality to offer patients.  Structural balance and integrity are often overlooked as an integral piece of health and total wellness.  

 

Like the mass of an iceberg, most causes of disease lie beneath the surface.  Symptoms are the body's warning signs that something is wrong.  Naturopaths do not simply focus on alleviating symptoms but searches for root causes.  ND's and their patients are grateful to have KT to help address factors contributing to their illness.

 

The initial group of Naturopathic Doctors introduced to KT readily warmed to the foundations of Kinsei Therapy.  ND's place a strong value on treating each patient as an individual and catering their treatments to their individual needs.  In this manner, Kinsei Therapy offers ND's another opportunity to evaluate and treat each patient individually in terms of individual biomechanical torsion patterns.   In 2012, Kinsei Institute of North America was founded after resounding enthusiasm from both doctors and patients.  Stay tuned as KT continues to grow state side!

tina 1.jpg


↑PageTop

テニス合宿

2013/07/17

7月14日、15日と仲良し3家族と長女の友人合計11人で杉並区の施設、コニファーいわびつに行ってきました。朝7時前に出発しましたが途中事故渋滞もありこみましたが第一の目的地伊香保にありますグリーン牧場に10時ころ到着しました。ここではアーチェリー、バターづくり体験、ウサギとふれあい、シープドックショー、楽焼などを行い、2時過ぎに今日の宿であるコニファーいわびつに向けて出発。

DSC_0060.JPG

 

 

DSC_0059.JPG

コニファーいわびつにつきましたら。3時30分から2時間テニスその後夕食へと続き大いに盛り上がりました。

次の日は朝8時30分から2時間テニスその後、伊香保近くにある水沢うどんを食べに大澤屋まで行きました。

 

 

 DSC_0062.JPG

最後は伊香保の温泉に入り帰宅しました。濃い二日間でした。

テニス3.jpg  

 

↑PageTop

膝痛

2013/07/10

膝痛にもいろいろな原因があります。日曜日に不覚にも膝を強く打ちつけてしまいました。その時はあまり痛みを感じませんでしたが。月曜日違和感を感じ、火曜日には痛みを感じるようになりました。そして今日膝が腫れて痛みを感じるようになりました。痛みというものは頂点にならないとなかなかひきません。今日頂点ですので明日から腫れは引くでしょう。この連休に家族仲間とテニスに泊まりで行く予定ですので何とか治します。皆さんも気をつけましょう。

↑PageTop

膝痛

2013/07/07

昨日は膝痛の患者さんが多く来られました。内臓からくるもの、体の使い方からくるものなど膝痛の原因は様々ですが内臓からくるもの特に腎臓のストレスからくるものは食べ物、飲み物から改善していかなければなりません。コーヒー、甘いもの、酒、たばこ、これらをまずやめることが必要です。これだけでも炎症は引いてきますが積極的に行うにはオメガー3(サプリメント)をとるといいでしょう。抗炎症作用があり早く炎症がひきます。

体の使い方からくるものは膝裏の屈筋をゆるめるとその場でよくなります。膝痛の人は多く、何もしないでいる人が多いのにはびっくりです。痛くなればスパッツをはいてテニスをしそれでも痛い時は装具をつけてテニスをする人もいるみたいです。治してしまえばスパッツも装具も要りません。スパッツ、装具をつけて出来るくらいの膝痛ならその場でよくなります。昨日もこの手の患者さんが来られましたがその場でよくなってよろこんで帰られました。テニスをしている仲間には同じような人がいっぱいいるそうです

↑PageTop

老眼、老視

2013/07/05

老眼、老視の動画をアップロードしました。普段はビデオカメラから直接ユーチューブにアップロードしていましたが、今回なぜかうまくアップロードできませんでした。いろいろ考えて、一旦ミニSDカードにアップロード動画を保存してそれをユーチューブにアップロードする方法を試みたところうまくいきました。それどころか画面がきれいに映るようにアップロードできるようになりました。まさに怪我の功名です。今後はこの方式でアップロードして画面のきれいなものを提供していきたいと思います。

↑PageTop

股関節痛

2013/07/02

今日、3年前から股関節痛がある患者さんが地方から来られました。話を聞きますと病院で痛みどめをもらうことしかしておらず、今年に入ってそれも聞かない状態になり、当院のプログラムを購入し実践してやっと歩ける状態になりやっとのことで来院されました。体を見ますと背中がものすごく硬く臀部の張も半端じゃありません。均整体操を実践していますのでバランスは取れているのかと思いきや、力を抜いてやっていなかったので効果は半減状態でした。正しいやり方をレクチャーしてその後、均整法の施術を行いました。するとびっこを引いていた足がスムーズに出るようになりました。本人とても嬉しそうでした。このように、今出ている症状は体全体から来ていることがわかれば短期間で改善することも稀ではありません。皆様もなかなか症状が改善されなければ一度お近くの均整院で施術を受けてみてはいかがですか。

↑PageTop

膝痛

2013/07/01

今日20年来膝痛に悩まされている60代の女性患者さんが来られました。こちらの施術方針をまず説明。体全体のゆがみを正し、その後患部の筋膜の緊張を取り除き痛みの解消を行う。病院では手術を進められていたがそれが嫌で何とか治る方法を模索して当院に来院したとのこと。

まず、家でできる均整体操を教え体全体のゆがみをとりました。すると膝を触っていないのに痛みが半減しました。その後均整法で細部にわたって調整を行ったところ痛みがなくなりました。後は家でできることを教え施術終了となりました。いったい今までの20年はなんだったのだろう膝に内視鏡まで入れて調べたのにと不思議がっていました。

均整法ではどんな症状の人でも体全体のゆがみを正すことに主眼を置いていますそうするとこのように早く症状が改善します。また、甘いものと、コーヒーは関節の悪い人にはよくないのでそれもやめるようにお願いしました。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201

TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


BLOGもCHECK!! - 三起均整院の健康BLOGの更新情報です。

指の痛み、へバーデン結節、リウマチ、プシャール結節 (2013/07/31)

膝痛 (2013/07/28)

米国での均整法 (2013/07/20)

最新記事