2013年3月

へバーデン結節、緑内障

2013/03/27

最近は地方の方がよく来院されます。当院では自分で体のゆがみをある程度正すことができる均整体操を教えていますので頻繁に来院する必要がありません。それでいてききめがいいので喜ばれています。へバーデン結節、緑内障、膝痛の患者さんが全国から来られますがやることはみんな同じことを行います。患部には集中せずに全体のゆがみの原因を探りそれにあった施術をおこないます。全体をみるという見方をたいていの患者さんはされていませんので、効き目が大きいのです。

4月10日から17日までボストンに行ってきますがここでは均整法の講習会が開かれます。今回も講師として参加してきます。2年前にも行きましたが米国のドクターにうけいれられ今米国で広がりつつあります。そのうち逆輸入されるでしょう。今実は最先端な手技療法は均整なのです。

↑PageTop

へバーデン結節

2013/03/20

当院ではへバーデン結節の施術を受けに来られる方が多いですが、あくまでもtreat the whole person

つまり全身病として捉えます。均整法ではどんな症状の人でも全身を施術します。遠回りのように見え

て実はこの考えが病気を改善する早道なのです。体全体のゆがみを整えますと自然治癒力が高まり自

然とよくなってしまうのです。また、均整法は症状を追うようなことはしません。病名による施術もしませ

ん。ただ、全身のゆがみを整えるだけです。そうしますと難病と言われる人も改善してしまうのです。お困

りの方はぜひ一度均整法を受けてみてください。

 

↑PageTop

卵巣嚢腫、生理痛

2013/03/11

卵巣嚢腫の患者さんからのうれしい報告がありました。高校生の時から生理になると痛みどめを服用しないとだめだったのが1回の施術を受けただけで服用の必要がなくなったということです。この患者さんに限らず婦人科疾患の方は太もも、膝周辺が緊張しています。これは踵のある靴を履くと傾斜圧がこれらの部位にかかりしゃがむ動作をしないでいると腰が硬くなり腹部内臓器の働きが悪くなり婦人科疾患にかかってしまうのです。太もも、膝周辺の筋肉の緊張をとればこのようによくなるのです。均整体操にしゃがむ動作を行えばこれらは改善の方向に向かいます。

↑PageTop

五十肩、へバーデン結節、膝痛、頭痛

2013/03/06

昨日、五十肩、へバーデン結節、膝痛、頭痛の症状をお持ちの患者さんが来られました。当院では実はあまり症状は関係ありません。体のゆがみを整えることだけを行います。そのあとは患者さんがもっている自然治癒力の力で改善していくのです。ですから複数の症状があっても何も困ることはありません。いつものように、体の状態、ゆがみをとるとどうなるかなどお話をさせていただき患部を重視せづ体全体を見ていきます。その後が気になる部位を調整、五十肩の人はあまり知られていませんがL1、L2の緊張を椅子に座らせた状態で調整しますとその場でかたがつきます。普通五十肩、四十肩の人は改善するのに1年から2年かかります。がこの方法ですと2~3回で施術終了になってしまいます。軽い方はその意場で終了になります。膝痛も痛い角度を作り膝以外に緊張の着ている部分を調整するとその場で楽になります。この方は肩、膝に注射をしていたそうですがもうする必要がなくなってしまいました。現代医学では部分部分を見ていきますが均整術では全体を見ていきます。そうすると短期間でかたがつきます。困っている人は一度均整術の施術を受けてみてはいかがですか。

↑PageTop

Ⅰ型糖尿病

2013/03/03

Ⅰ型糖尿病の患者さんが来院されました。腎不全、白内障などの症状も併発していました。Ⅰ型糖尿病は現代医学では運動療法、食事療法などは有効な手段ではないと言っています。免疫異常でインシュリンが出なくなってしまう病気ですが原因は不明となっています。

原因が不明なのに食事療法、運動療法が有効でないとはおかしいものです。当院では病気の原因を体のゆがみと捉えております。その原因は日ごろの体の使い方、ストレス、事故、食事などです。とくに食事では甘いもの(フルーツ含む)コーヒーは病人には大敵です。これらをまず控え、体のゆがみをと整えればもともともっている自然治癒力(ホメオスターシス)が最大限に高まり治癒へと導かれるのです。

体全体がむくみパンパンな状態で体もだるい状態でしたので。椅子に座ってもらい、体全体のゆがみを自分でとる方法を教えました。均整体操椅子バージョンです。これを行いますと。体の前後、左右、回旋動作が楽にできるようになりました。体が柔らかくなり、ゆがみがある程度とれました。その後均整術を施しました。一番のポイントは膝周辺でした。この部分が異常緊張して体のバランスを崩していました。このために腹部が固くなり膵臓に機能に異常をきたしたと推測されます。

現代人はしゃがむことをしない、またかかとのある靴を履くために太ももが異常緊張しています。そうなりますと腰が固くなり腰痛、腹部内臓器の異常、(不妊症、子宮内膜症、卵巣のう腫などの婦人科疾患)腸疾患になりやすくなります。

施術後体全体のむくみが取れました。顔もむくみが取れ、膝も曲がるようになりました。一緒に来られていた人はあまりの変わりようにびっくりしていました。内蔵病は3カ月単位で変わってきますので今後が楽しみです。

 

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201

TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


BLOGもCHECK!! - 三起均整院の健康BLOGの更新情報です。

へバーデン結節、緑内障 (2013/03/27)

へバーデン結節 (2013/03/20)

卵巣嚢腫、生理痛 (2013/03/11)

最新記事