健康BLOG

20歳代前半男性緑内障、アトピー性皮膚炎で来院されました。

20歳代前半で緑内障、アトピー性皮膚炎をお持ちの男性患者さんが来院されました。すでに視野欠損が始まっており予断を許さない状況でした。

すべての病気は原因がありますがその根本原因動画)は栄養(たべもの)ストレス、体の歪みにあります。緑内障も原因はそこにあります。

カウンセリングでの結果ストレスと体の歪みが原因であるとわかりました。ストレスをとる方法を教えあとは体の歪みであります。体型的に問題があるのは胸郭が異常に硬いということと膝から下がO脚になっていることであります。また動作では後ろに反れないのと、ねじりに制限がありました。東洋医学では皮膚は肺に関係しますのでアトピー性皮膚炎も胸郭の異常緊張が原因の一つと考えられます。また、膝から下がO脚ですとふくらはぎ外側が緊張を起こします。その部分が緊張を起こしますと側頭部が緊張を起こし目の循環が異常に悪くなり目の病気になってしまうのです。それが今回緑内障の形で出たのだと思います。

解決するにはO脚を伸ばし、胸郭の緊張をとるのですが、まず全身の歪みを正さなければなりません。均整体操で全体の歪みを正してから、均整法で細部の歪みを正していきました。遠くから来院されていましたので家でできることを教えて施術終了となりました。

体型、体の歪み、からも目の病気になることはほとんどの方は知りません。こういったことは多くの方に知ってもらいたいものです。

↑PageTop

今後の健康維持のために50歳代女性患者さん来院

2018/06/19:

当院の患者さんの紹介で今後の健康維持のために50歳代女性患者さんが来院しました。

特に病気の症状はなく今後生活していく上でどんなことをすれば快適に過ごせられるのかなどを教えてほしいということで来院。

病気の根本原因動画)は栄養、ストレス、体の歪みにあります。それらを改善すれば今の健康を維持しながら過ごすことができます。

特に体の歪みについてはほとんどの人は知りません。なぜ体がゆがんでしまうの?歪みとは何なのか?その辺のところをホワイトボードで説明、体の形すなわち体型が重要で在ることを説明。人の体はみんな違います。体型によって重心のかかる場所(何か所かあります)が違います。その部分が同じ動作をしていますと硬くなり互いに引っ張り合います。するとやりにくい動作ができてしまいます。これが体の歪みであります。それを解決するために、均整体操を行いました。体全体の歪みが取れやりにくい動作がなくなりました。あとは細部を均整法の施術で終了です。最後に復習、をしました。カウンセリング、均整体操、均整法施術、復習で120分のコースです。喜んでお帰りになました。当院は車検場のような場所で自分でできることは家でしてもらい月に一度、人によっては2か月に一度くらでチェックしに来ている方がほとんどです。このような使い方をしますと将来病気になる確率がへります。また、なったとしましても軽くて済むと思われます。うまくご利用ください。

↑PageTop

元はへバーデン結節の患者さんで今回は左足裏に痛みのある(モートン病)女性患者さんが来院

2日前から左足裏に痛みがでて歩くのがつらい60歳代女性患者さんが来院されました。

この患者さんは4年ほど前にへバーデン結節で当院に来院し1回の施術で治ってしまったので今回も何とかならないかということで来院されました。

この患者さんのへバーデン結節の原因はカウンセリングの結果コーヒーの飲みすぎだということがわかりましたのでそれをやめて水をよく飲むことを指導しました。すると一週間ほどで包丁も持てないくらいいたかった指の痛みがとれ完全に良くなってしまいました。

今回は左足裏の痛みですモ-トン病の疑いありです。すべての病気の原因動画)は栄養、ストレス、体の歪みにありますのでそれを正すことを行いますとほとんどの症状は改善されます。カウンセリングの結果体の歪みが原因で在ることがわかりましたので均整法(KMT)で体の歪みを正しました。全身の歪みを整えたうえで細部の調整を行ったところ痛みはなくなりました。体が非常に硬かったので予防のために通院してもらうことにしました。

↑PageTop

50歳代ヘバーデン結節の女性患者さん二人が来院。

2018/06/17:

昨日ヘバーデン結節の新患が二人来院しました。ともに50歳代前半の女性でした。そのうちの一人は50肩ももっていました。

共にwebサイトを見ての来院です。当院ではヘバーデン結節などの慢性症状に対応するために家でできることを教えながら施術を行っております。

最初にカウンセリングを行い病気の原因動画)を見定めております。栄養、ストレス、体の歪みを正しますと慢性症状といえども改善に向かっていきます。

二人の患者さんはコーヒー、アルコール、甘いものなどの食べ物についてはHPを見て気を付けていました。体の歪みを見てみますとひとりは全ての動作に制限があり、もう一人は右にねじるのが出来ませんでした。

これを改善するために、均整体操を行いました。体の歪みはいつも同じ動作を繰り返すことにより起こります。それを改善するためには、いつも行わない動作をすればいいのです。それをまとめ上げたのが均整体操です。

均整体操を行いますとやりにくい動作がやりやすくなります。50肩をお持ちの方も楽に肩ががるようになりました。

最後に均整法で細部の調整を行いました。指の曲がりが楽になり。指先の赤みも取れました。家では均整体操を行ってもらい一か月後に来院してもらうことにしました。

↑PageTop

40歳代半ばバレーボールをやっているヘバーデン結節の女性患者さん来院

40歳代半ばでへバーデン結節で指全体が赤く痛みのある女性患者さんが来院されました。趣味でバレーボールを行っており痛みを何とかしたくて来院されました。

カウンセリングではアルコール、コーヒー、お茶、甘いものを摂っていましたので一定期間それをやめてもらい水を飲むように指示しました。病気の根本原因動画)は栄養、ストレス、体の歪みにありますのでそれを改善するのが慢性症状を改善、健康維持、アンチエイジングへの早道であることを説明。

特に体の歪みについては、ほとんどの人は知りません。見た目の歪みだけではなく前後、左右、回旋動作でやりにくい動作が一つでもあれば体は歪んでいるのであります。それを改善するには重心のかかった場所(何か所かあります。)の筋膜の緊張を取り除かなければなりません。それを取り除くことにより体の動きが自由にできるようになり、自然治癒力が高まります。

まず均整体操で体全体の歪みを正し、均整法で細部の施術を行いました。前屈がものすごく硬くてできなかったのができるようになり、手の赤みがなくなり、痛みもなくなりました。

webサイトで当院を早くから知っていたようでもっと早くこればよかった。といわれていました。

↑PageTop

フレンチサック、吉祥寺

2018/06/14:

私の56回目の誕生日のお祝いということで家族が吉祥寺のフレンチサック0422-72-7239というフレンチレストランに招待してくれました。

IMG_2034.JPG
                       真鯛の前菜

IMG_2035.JPG

                   ホタテと10種類の香草バルサミコ

IMG_2037.JPG                   フォアグラのプリン

IMG_2038.JPG

                      ニンジンのスープ

IMG_2040.JPG                      五島列島の夢オコゼ

IMG_2041.JPG                       子羊の煮込み

IMG_2042.JPG                        デザート

IMG_2047.JPG                      クッキー

↑PageTop

70歳代へバーデン結節、糖尿病、骨折あとの左手の痛みなどの女性患者さん2回目の来院

2018/06/12:

70歳代女性患者さん2回目の来院。

症状はへバーデン結節、糖尿病、右手首骨折あとの痛み、白内障、便秘、夜間何度も起きるなどがありました。前回の施術でへバーデン結節の痛みこわばりはなくなってきたということです。また、夜間何度も起きることがなくなってきたということです。病気の根本原因動画)を取り除くと短期間で複数の症状が取れてきます。

本日の施術はへバーデン結節と残りの症状をとり除くために、全身の歪みをまず取り除き、経絡を使って膵臓のポイントをゆるめ循環をよくする方法を行いました。骨折あとの痛みは屈筋の緊張を緩め動きをよくしました。体の歪みも取れたところで最後にホルミシスルームに入り終了です。ホルミシスルームとはラドンガスルームのことで三朝温泉、玉川温泉のような環境の部屋で在ります。 スッキリされてお帰りになりました。家では引き続き食べ物に気を付けて均整体操を行ってもらうようにお願いしました。

↑PageTop

50歳代後半女性でへバーデン結節、膝痛、喘息をお持ちの患者さんが来院されました。

へバーデン結節で右の中指第一関節が腫れて痛みがあり、両膝痛、喘息、右耳の詰まりをお持ちの50歳代後半の女性患者さんが来院されました。

カウンセリングを行いますと食べ物では甘いものが大好きということでしたのでこれを一定期間やめてもらうことにしました。へバーデン結節などの慢性症状をお持ちの方は食べ物ではアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いもの(果物含む)が原因となりますのでまずそれを止めて水を飲むのが改善の早道となります。こちらを見てください。(動画)。

ストレスを取り除く方法を解説しまして。あとは体の歪みをとるだけで在ります。見た目の歪みだけではなく、前後、左右、回旋動作でやりにくい動作が一つでもありますと体は歪んでいます。これを改善するために均整体操をしてもらいました。均整体操で体全体の歪みを正し、均整法の施術で体の細部の調整を行いました。指の痛み違和感はなくなりました。両膝痛の原因は足の形にありました。膝から下が外側に膨らんでいて馬足になっていました。この形の人は立っているだけで膝内側に重心が来ますので膝の内側が取りをとりますと痛くなりやすいのです。それを改善するためには足の甲外側の緊張を最初に取り除き脛骨、腓骨を伸ばす必要があります。それを行ったところ膝を深く曲げても痛くなくなりました。本人はもう膝を深く曲げれないと思いこんでいたようですが原因を追究すれば一般ではだめだと思っていた症状が実は簡単なことでよくなります。膝痛ではいろいろな治療所に行っていてもう半ばあきらめていたようですが痛みがなくなり喜ばれていました。

こちらの患者さんは肩こりもありましたが。それもよくなり喜んでお帰りになりました。

↑PageTop

60歳代女性のヘバーデン結節の患者さん来院

2018/06/06:

60歳代ヘバーデン結節の女性患者さんが来院されました。

ヘバーデン結節の友人が以前当院の施術を受け良くなり、その方からの紹介で今回の来院となりました。

早速カウンセリング、すべての病気の原因は栄養、ストレス、体の歪みにありますがこちらの方は体の歪みが大きな原因のようでしたので、それを正すことを行いました。均整体操で体全体の歪みを正し均整法により細部の調整を行いました。指は楽になり、やりにくい動作もできるようになりました。家では均整体操を行い月に一度はちえっくに来るよう告げ施術終了です。

↑PageTop

へバーデン結節の70代女性、外反母趾も小さくなったと報告あり。

へバーデン結節の施術で毎月2回来院されている患者さんが最近外反母趾も小さくなってきているとの報告がありました。

家では均整体操をしてもらい、月2回ほど施術に通われていますがへバーデン結節の痛みが取れ、結節が小さくなると同時に外反母趾も小さくなって来ていると喜びの報告がありました。

両方の病気ともに骨の病気ですので腎臓のストレスが取れてきますと当然よくなってきます。病気の根本原因動画)がわかれば慢性病、難病問うものでも改善の余地ありです。

↑PageTop