緑内障・ぶどう膜炎について

緑内障

緑内障とは眼圧が高くなり、視神経が障害を受け視野が欠損する病気です。
一般的には自覚症状がないので知らないうちに進行している場合が多いようです。
急性の場合は急激に眼圧が上がる関係で頭痛、目の痛み、吐き気などの症状が出ます。

緑内障の原因

目の中のリンパ液の循環が悪くなり隅角から排出困難になり眼圧が高くなるのが原因とされていますが、近年正常眼圧での緑内障が増えておりその原因ははっいきりとはわかっていない状態です。

緑内障への当院での取り組み

当院では緑内障に限らず、ぶどう膜炎、白内障、ドライアイ、黄斑変性等の目の疾患の方は、目の中のリンパ液、血液の循環が悪い状態が続いた場合におこるものと考えております。濁った池状態にあると考えてください。この状態が長く続くと様々な目の症状が現れるのです。人によって緑内障、白内障、ぶどう膜炎、ドライアイ、黄斑変性、という具合です。それではこれらを改善する方法はどうしたらいいのでしょうか?目の中の循環を良くすればいいのです。目の中の循環の悪い人は必ず目の周辺の筋肉の緊張が見られます。この緊張をとることが全ての目の疾患を改善するためのポイントになります。

では、なぜ目の周りの筋肉が緊張するのでしょうか?
目の使い過ぎ(パソコンなど)、指、手、腕の使い過ぎ(運動、重労働、パソコンなど「三角筋が緊張しますと目周辺の筋肉が緊張します。」)、立ち仕事(脛の横の筋肉「前脛骨筋」が緊張すると目の外側の筋肉が引っ張られ目の循環が悪くなるのです)。ストレス(体全体が緊張します。)などが考えられます。そして重要なのは、これらの原因によって体全体がゆがむのです。

施術法

目の疾患に限らず体に病気がある人は必ず体がゆがんでいます。目の病気の場合、そのゆがみのひずみが目に出ているだけなのです。
前後、左右、回旋動作をしてもらいやりにくい動作を観察します。
次にその人に合った方、均整法で体全体の歪みを整えます。この段階で目周辺の筋肉の緊張が5割ほどとれています。その後、顔全体の筋肉、筋膜を緩める操作を行います。当院では手足の経絡を用いて操作します。(顔には一切触れません。)この方法は眼瞼下垂、三叉神経痛、顔面神経麻痺、小顔にも用いますが非常によく効きます。その場で目の状態が良くなります。ちょうど釣りたての魚のような目の輝きが出てきます。顔全体も引き締まり皆さん喜んでいます。この状態を長く続けると目の循環が良くなり自然治癒力が最大限に働き緑内障の改善が見られるのです。また、目の病気に限らず病気になるには、食べ物、水、ストレス、体の歪みが大きくかかわっています。特に食べ物は重要で症状が出ている人はアルコール、コーヒー、甘いもの、たばこは控えなければなりません。ビタミン、ミネラルを消費し正常な細胞活動ができなくなり症状の悪化を招くからです。症状によってはサプリメントも必要になってきます。必要なものはご紹介しております。それから水も大切であります。これが不足しますと筋膜間の水分移動が円滑に行われなくなり、つまり細胞に栄養が運ばれなくなり正常な活動ができなくなり病気になってしまいます。ストレスも重要でカウンセリングなどでの解決も必要になります。そうしたうえで体の歪みを正しますとさまざまな症状は早く改善いたします。
当院では現代医学では考えられませんが多くの方が改善されています。是非ご相談ください。
前後、左右、回旋動作がスムーズになっているのを確認します。体全体のゆがみが取れた状態となります。
この状態を保つために、当院では均整体操(三起均整プログラム)を自宅で行ってもらいます。均整体操(三起均整プログラム)は自分で体全体の歪みを正し、あらゆる症状に有効な夢の体操です。

施術間隔は最初の1カ月は週一回、その後は様子を見て間隔を決めていきます。地方から来られ、再来院が困難な方でも均整体操(三起均整プログラム)を正しく行えば効果が期待できますのであきらめないでください。やり方は来院時にお教えいたします。
また、地方の方で来院が困難な方は「目のトラブル解消プログラム」(トップページから購入可能)を行うことをお勧めいたします。この中には均整体操や目に効くメソッドが詰まっております。ご活用ください。

↑PageTop


緑内障・ぶどう膜炎の新着記事(BLOGより)

ブログでも、緑内障・ぶどう膜炎についての解説やアドバイスをしています。参考にしてください。

ヘバーデン結節、モートン病、緑内障、股関節痛 (2016/09/18)

緑内障 (2016/01/30)

緑内障 (2015/12/27)

緑内障 (2014/06/14)

緑内障 (2014/02/16)

>>「緑内障・ぶどう膜炎」記事一覧


↑PageTop

三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


BLOGもCHECK!! - 三起均整院の健康BLOGの更新情報です。

へバーデン結節 (2016/11/08)

腰痛、坐骨神経痛 (2016/11/06)

へバーデン結節 (2016/10/24)