ホルミシスルーム

へバーデン結節、指の痛み

2018/04/17

へバーデン結節で指に痛みのある50代女性患者さんが来院。1月から左中指に出っ張りを発見、そのままにしておいたがよくなる気配がな痛みも出始めましたので整形外科に行きましたら、レントゲンを撮るも骨に異常はなし。痛かったら痛み止めを出すとのことでよくなる気配なし。WEB検索で当院を知り来院。

カウンセリングを行いへバーデン結節に限らず病気の根本原因について説明。栄養、ストレス、体の歪みについて詳しく説明しました。

アンチエイジングにも興味がおありのようでしたのでそのことも実は栄養、ストレス、体の歪みがポイントになることを説明。アンチエイジングといいますとコラーゲン、プラセンタ、コエンザイムQ10などサプリメントととりさえすればアンチエイジングができると考えている人が多くいますが。まずはなぜ人により老化には個人差があるのかを説明。なぜ老化が起きるのかを説明。老化を遅らせるにはどうすればいいのかという話になりますが、実はすべて病気の根本原因がわかると解決いたします。栄養ではアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶、ハーブティー、甘いもの(果物含む)を一定期間(2~3週間)やめて水をよく飲むことを行います。これは腎臓を主とした内臓を休めるために行います。そして適度な塩分をとり、腸の状態をよくします。腸内環境の整備をおこないます。具体的には発酵食品をとり食物繊維「、オリゴ糖含有野菜をとります。人によってはプロバイオティクス(腸内細菌)を取り入れます。そして、ビタミンC,マルチビタミン、オメガー3などを適宜とるようにします。ここまで行えば栄養の部分は大丈夫でしょう。

次にストレスですがストレスというのは実は脳の活動状況のことを言うということを説明。片方の脳が優位に活動しているのがストレス状態の脳なので種類は2種類しかありません。左脳タイプ、右脳タイプこれを正す方法をお話いたしました。

最後に体の歪み、これは見た目の歪みだけではなく、前後、左右、回旋どうさをして一つでもやりにくい動作があれば体は歪んでいます。これを正すために均整体操、均整施術を行います。するとやりにくかった動作ができるようになります。すると血液、リンパの流れがものすごくよくなり自然治癒力が最大限に高まります。筋膜の緊張も取り除かれ水分の移動がスムーズになり老廃物の排出もせいじぉゆに行われるようになります。そうしますと体全体が健康体になり最終的には若返り、アンチエイジング効果も期待できます。

この3つを行うことによりへバーデン結節を主とした慢性症状が改善され病気予防、しいては老化防止、アンチエイジングも行うことができるのです。

施術後、この患者さんのへバーデン結節は小さくなり喜んでお帰りになりました、病気予防、老化防止、アンチエイジングのために2週間間隔で来てもらうことになりました。

↑PageTop

腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア

2018/01/25

腰痛(坐骨神経痛、椎間板ヘルニア)の70歳代男性患者さんが来院。

2か月前より痛みが出だし、2~3日前より悪化したとのこと、体を見てみますと痛みのため体が傾いております。年齢からしても椎間板ヘルニアの疑いもありましたので直接患部を施術することは避け、全身の筋膜の緊張をとる施術をいたしました。特に下肢の緊張が強いので上半身から均整筋膜体操に抵抗を加える施術を最初に行い全細胞に刺激を与えゆるみ安くしました。その後均整法で体全体の歪みを正して施術終了。

かなり楽になり最後にホルミシスルームに入っていただきました。

↑PageTop

へバーデン結節、腰痛

2017/05/12

へバーデン結節、と腰痛をお持ちの60代男性患者さんが来院しました。こちらの方は当院のホームページで均整体操を知り以前から家で行っていましたが、腰痛になりそれが、なかなか治らなかったので、来院いたしました。

どんな病気でも必ず原因があります。その原因をとりのぞけば慢性病といわれるものでも快方に向かうものです。

早速カウンセリングです。食べ物ですがこれは比較的悪いもの、アルコール、コーヒー、甘いもの等は食べていません。

ストレスこれもそんなに影響はないようです。

体の歪み、これはありました。動作分析で後ろにそることができませんでした。これを改善するためにまずは、均整体操を行いました。いつも家でやっていたようですがやり方が間違っていました。均整体操のポイントは体の力特に指先の力を抜いて行わなければ効きません。見た目がきれいなようでは力が入っており効かないのであります。

それを修正して行ったところ体全体が柔らかくなり後ろにそることができるようになりました。あとはベットで均整法の施術を行いました。車で言うと車検であります。体の細部の調整を行うのであります。そうすることにより体の柔軟性はもちろん、血液、リンパの流れが正常になり自然治癒力が高まり慢性症状が解決するのであります。

最後にホルミシスルームに入り細胞全体の活性化を行い施術終了です。定期的に来られることになりました。

↑PageTop

へバーデン結節

2017/02/10

数日前から、指の第一関節が腫れへバーデン結節の症状が発現した患者さんが来院しました。過去に扁桃腺肥大手術、子宮筋腫の摘出手術の経験もある方でした。

へバーデン結節はいつも言っていますように骨の病気ですから東洋医学では腎臓のストレスが原因となります。腎臓がストレスを起こしますと他にも脳脊髄、頭、歯、膀胱、耳鼻咽喉、生殖器、関節、血液に症状が現れます。

当然扁桃腺、子宮筋腫にもなります。この患者さんはもともと腎臓にストレスがありその病態が今度は手の指に出てきたと判断したほうがよさそうです。

早速カウンセリングです。栄養、ストレス、体のゆがみがすべての病気の根本原因ですのでそれを調べていきました。

その結果食べ物ではアルコールを飲みすぎているようなので、2週間これをやめてもらうことにしました。ストレスもあるようですので家でESR(おでこの手を当てて左右の脳のエネルギーバランスととる法。)を行うように指導しました。

最後に体のゆがみです。この方は後ろにそることができない。右にねじりにくい。高いったゆがみがありました。

均整体操をしてもらい。体全体のゆがみを取り除きました。この段階で指の痛みはなくなっていました。その後均整法で細部のゆがみを正し施術終了です。その後ホルミシスルームに入っていただきました。

家では均整体操、指定しましたサプリメントの摂取、bonboneキューブを利用したエキソサイズをしてもらうことにしました。遠くからの来院でしたので月に1回来院してもらうことにしました。

↑PageTop

ホルミシスルーム

2016/10/11

先日、ガン手術後の患者さんがホルミシスルームに入りに来られました。病気回復促進のためです。以前は別のホルミシスルームに行っていたそうですが、そちらがおやめになったので探していたとのことでした。

ホルミシスルームはまだ世間ではあまり知られていないものであります。ホルミシスルームとは簡単に言いますとラドンルームのことであります。ラドンが出す低放射線が細胞を刺激して体全体を活性化して健康の維持、回復を狙うものであります。

日本には三朝温泉、玉川温泉などガンの患者さんが訪れるラドンの温泉が多数あります。それらの温泉と同じ環境の部屋がホルミシスルームなのであります。

当院では漆喰にラジウム鉱石が混ざった壁掛け8枚が強化段ボールでできた二畳の部屋の壁にかけてあり、そこからラドンガスが放出され部屋の中にたまる仕組みであります。強化段ボールでできた部屋でありますので従来のものとは違い中は熱くありません。

こられた患者さんもこちらのホルミシスルームは熱くなくて入りやすいと喜んでいました。

ホルミシスルームに入りますとたいていの方はお腹が鳴りだします。そして便がよく出るようになり、おなかがすいてきます。また眠くなります。体が休まりまた、温まりすっきりといたします。病気の予防、回復にどうぞご利用ください。

利用料は55分2000円です。ただし当院で施術を受けた人は受けた日は30分無料でご利用できます。

↑PageTop