手首・肘の痛み

腱鞘炎、手首の痛み

2012/07/18

昨日は週に一度のテニスレッスンの日でした。またまた腱鞘炎(手首の痛み)の方が現れました。レッスン後に治す方法を教える約束をしました。また、サーブで肩を痛めたというアシスタントも現れアフターテニスが忙しくなりました。

まず、初めにテニスプレーヤーの故障の治し方ですが、どこに故障が起きても体のバランスを整えることがまず大切です。具体的に言いますとテニスは中腰の姿勢が基本になりますので必ず膝周辺の筋肉が緊張しています。ここの緊張をとることがテニスプレーヤーの故障を治すコツになります。

首の後ろで手を組み体をねじってキャッチャーのように下まで2回しゃがみます。左右行います。次に足を閉じて立ち一歩前に出し2回しゃがみます。こうすることによって膝周辺の筋肉の緊張をとります。この段階で手首の痛みは半減します。その後に私の考案した手首体操を行います。動画ブログNO32。2~3日行うとほとんどよくなります。お試しください

↑PageTop

腱鞘炎、手首の痛み

2012/07/12

3週間ほど前からテニススクールの同じクラスの手首痛のクラスメートに痛みをとるためにアドバイスを続けてきましたがついにテーピングが取れたといううれしい知らせが入ってきました。注射をして痛みを止めていましたがなかなか治らないようでしたので、均整体操と手首回し、当院の腰痛体操をするようにアドバイスをしたところ9か月ぶりにテーピングなしでテニスができるようになったということです。手首の腱鞘炎は私自身も相当苦労していますので、早く治すコツはだれよりもよく知っています。

↑PageTop

腱鞘炎、手首の痛み

2012/07/04

一週間前に腱鞘炎で苦しんでいるテニススクールのクラスメイトに均整体操の指導をして様子を見てもらっていた彼が今日スクールに来ました。いつもしているリストバンドを外していました。今日は9か月ぶりに外してみました。と、スクールが終わってみると大丈夫という返事。来週はいいよいよ少し巻いていたリストバンドも外してみるとのこと。この日は少し手首の件を緩めてみました。来週はいかに。

↑PageTop

腱鞘炎、手首の痛み

2012/06/20

週1回テニスのスクールに行っていますが前から気になっていましたが手首を痛めていてテーピングをしている男性がいます。昨日話のついでに手首回しhttp://www.youtube.com/watch?v=OF04yPsH38o&feature=player_embedded と腰痛体操を教えてあげました。手首は私も学生時代かなり痛めどこに行っても治りませんでしたが手首回しでよくなりました。どんな施術よりも腱鞘炎にはこの方法が効きます。時間がなかったのでこれに腰痛体操を教えた上げましたが、これに均整体操を加えると早く良くなります。

↑PageTop

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

2012/03/01

今日、ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の患者さんが来院されました。この方は昨年変形性膝関節症で来院され当院の均整法でよくなった経験がありましたので、今回もドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)がよくならないものかと思われ来院されました。はじめに病院へ行き見てもらっていたそうですが良くならず、注射も何回かおこないましたが良くならず、最後に手術を勧められたそうです。手術は怖いので、また最近腰痛もあるので均整法で何とかならないか思い来院されました。

体を観察してみますと腰痛は膝上の筋肉の緊張から来ていることが分かりましたので、当院オリジナルの腰痛体操とヒールアップストレッチをしてもらいました。するのその場で響くような腰痛はなくなりました。次にドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)ですが手首の付け根の屈筋の緊張をとれば解くなります。この方もその部分にしっかり緊張がありましたのでそれを取り除いたらその場で痛みはなくなりました。その後全身の歪みを正して施術は修了です。大切なことはいつも言いますが日頃の体の手入れです。現代は体を動かすことが少ない上に動きが単調です。均整体操で日頃から体の歪みを正し、車の定期点検のように月に一度ほど均整法の施術で体の手入れをすることがお勧めです。

↑PageTop

三起均整院

最新記事