四十肩・五十肩

指のしびれ、肩が上がらない、腕に力が入らない

2018/02/23

先日、フランス人のピアニストが来院されました。コンサートの翌日朝起きると左指のしびれ、左肩が上がらない、腕に力が入らないなどの症状を起こし、またコンサートがあるので早く治したいともことで来院。

早速体を見てみますと左首の前の部分が異常に緊張しておりその他に左手拇指、仙骨部、両アキレス腱、両足の拇指にも異常傾斜圧がかかっていました。

こちらの患者さんはフランスでもオステオパシーなどの自然療法を日ごろから受けていましたので当院の筋膜理論を説明したところすんなりと受け入れていただき非常に施術がやりやすかったです。もちろん食べ物、ストレスについてもお話いたしました。

また家でできる均整体操も教えてそれを交えながら施術を行いました。

人は立っているだけで何か所か緊張している場所があります。これは体型により人によってその場所は違います。この場所が異常に緊張しますと緊張している所が引っ張り合い体がゆがんできてしまいます。その結果今の症状が現れるのです。ですから一番最初にやらなければならないのは異常緊張を起こしている場所を解かなければならないのです。普通肩、首、指のしびれといいますと頸椎のつまりが考えられますが均整法ではそうは考えずに異常緊張部位(異常傾斜圧部位)の調整を行います。この考えを理解していただき施術いたしました。この患者さんのポイントはなんと左足の親指でした。ここをつまむと肩首、指のしびれはなくなりました。抑えながらの運動療法を行ったところ症状は軽減いたしました。合計3回の施術を行いピアノが弾ける状態になりました。最後に家でできる均整体操をこの患者さんに会った方法にアレンジして教えて施術は無事終わりました。

↑PageTop

四十肩、五十肩

2017/09/28

最近四十肩、五十肩の患者さんが多く来院されますが、改善するためのポイントは胸郭になります。

もちろん関節の病ですので東洋医学では腎臓のストレスにあるわけですから食べ物にも注意が必要になります。コーヒー、紅茶、緑茶、アルコール、甘いも一切を一定期間やめるのは当たり前であります。そして水をよくもむこと、これが一番の条件になります。

それをやったうえで胸郭の緊張をとります。自分で胸郭を動かす一番簡単な方法は腹筋運動をやることです。当院では寝た状態で両ひざを曲げ右手で左膝を触るように斜めに腹筋をしてもらいます。膝に触ったら5秒ほどその状態を保ち元に戻します。これを3~4回行います。左右行います。これを一日2回ほど行いますと胸郭が動いてきますそうすると肩回りも動き四十肩、五十肩の改善につながります。あとはお近くの均整院で施術をしてもらうと早い回復が期待できます。

↑PageTop

四十肩、五十肩

2017/09/17

四十肩、五十肩、シェーグレン症候群、首の痛み、の症状をお持ちの女性患者さんが来院。いろいろな治療院に行ってきたがなかなかよくならず、また週に3~4回通わなければならないところが多くネットで検索して来院。

いつものようにカウンセリング、話をしてみるといろいろサプリメントを飲んでいるとのこと、海外の単体成分のサプリを飲んで肝臓を壊したこともあり、いまでもいくつかのサプリを飲んでいるそうです。それでいてはっきりとした効果はまだ得られていないということでしたので、すべてそれをやめてもらい水をよく飲むことを行ってもらうようにしました。これを次回の来院時まで行うように指示。

体の歪みもひどく、前後、左右、回旋動作すべてやりづらく体全体が硬くなっていました。できる範囲で均整体操を行ってもらいました。均整筋肉体操基礎編を行うと首がかなり楽になりました。その後均整法の施術を行いまいました。すべての関節の症状は腎臓とかんけいがありますので座位の姿勢で腰椎2番を圧迫して腕を動かしてもらうと肩の上りが良くなり肘のツッパリも取れました。本人も一回でここまで改善するとは思っていいなかったようで驚かれていました。家では均整体操を行ってもらい、次回は2週間後の来院です。

↑PageTop

四十肩、五十肩

2017/09/14

肩の痛みを持った50代女性患者さんが来院。五十肩ではないかと本人は訴えて来院。前には上がるが後ろに手を回すと上がらない痛みがあります。この状態が一年以上続いているということです。首もストレートネックで後ろに曲げると痛みが出ます。

いつものようにカウンセリングで原因を追究、食べ物、ストレス、体の歪みを調べていきました。食べ物では甘いもの紅茶をとっていましたのでこれをやめてもらい水をよく飲むようにしてもらいました。慢性的な関節の痛みは腎臓のストレスが原因ですので腎臓を休めるためにも上記のものをやめてもらいました。

体の歪みはできる範囲の均整体操をやってもらい全体のゆがみを正してもらいました。最後に均整法で細部の調整をおこないました。こちらの方は胸郭が異常に硬くなっていましたのでそこが緩むと肩が楽になりました。

最後にリクエストにより顔のひきしめも行いました。足を使って顔全体の筋膜の緊張をとることにより顔の引き締め、目の循環もよくすることができます。紹介者によりそれを聞いていましたのでリクエストとなりました。

五十肩も体全体のゆがみが原因ですので肩だけではなく全身のゆがみを正すことが早い回復につながります。

↑PageTop

へバーデン結節、五十肩、四十肩

2017/03/31

へバーデン結節、五十肩、四十肩の女性患者さんが来院。

いつものようにカウンセリングから始めました。カウンセリングでコーヒー、甘いものが大好きということが判明。

これらのものをとっていると人道にストレスを与え関節に異常が起きることを説明。水とビタミンCをとってもらうことを指導。ストレスも中程度在りますしたのでその取り方を指導。最後にからだのゆがみが病気の大きな原因であることを説明して均整体操の指導。均整施術へと移りました。

体が30歳ほど若くなったように柔軟性が回復しました。これには本人も驚いていました。指の痛み、肩もその場で上がるようになりましたので喜んでお帰りになりました。五十肩、四十肩にはとくにニワトリ歩きが有効になります。(近日中にアップロードする予定です。)じかいは2週間後に来院です。

↑PageTop

bonboneキューブ

2017/02/24

ダイヤ工業(0120-011-245)にbonboneキューブという商品があります。以前はレクトレキューブという商品名で売られていまして定価が一万円近くしていました。この商品がbonboneキューブという主商品名で4500円(税抜き)で今では売られています。

低反発のマットですがこれがすぐれものでこの上を歩く、または片足立ち、ジャンプなどを取り交ぜて10分間くらいおこなうと様々な症状が改善するのです。低反発で安定しないのでいろいろな筋肉を使わないとうまく歩けません。いろいろな筋肉を使うと硬かった足の筋肉が緩み、体全体のゆがみが整ってきます。

体のゆがみの原因が足にある人はほとんどの人は足が固くなっています。それがほどけますと様々な症状が治まってくるのです。へバーデン結節、緑内障、むくみ、生殖器疾患(生理痛、子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫など)腰痛、膝痛、視力回復、頭痛、肩こりその他足のゆがみが原因で症状が出ているものすべてです。10分この上で遊んでいるだけで健康を維持、回復できるアイテムです。均整体操と併用すると尚効果的です。ぜひ一度お試しください。最近では当院の患者さんすべてにお勧めしています。

キューブ.JPG

↑PageTop

四十肩、五十肩

2017/02/03

先日、五十肩の男性患者さんが来院、右手が上がらなく夜も眠れないとのことで来院。とりあえず肩を楽にしてほしいということで30分コースで行いました。簡単な説明を行い施術開始です。

四十肩、五十肩は肩だけの問題ではなく体全体のゆがみを正すのが早く改善するポイントになります。均整体操ををしてもらい体全体のゆがみをある程度取りました。この段階でもう肩は上がり始めていました。その後施術に移りました。肩を操作するのではなく肩を引っ張っているポイントをほどくようなことを行います。この方は鳩尾(のぞおち)肩甲骨下、太ももでした。それらを解き、ますと肩を触らなくとも肩回りの動きがよくなります。逆に肩だけをいじくりますと余計に痛くなります。

四十肩、五十肩の場合、何もしなくとも半年から2年ほどでよくなりますが、早く改善する方法は上記の方法になります。その場で相当楽になります。

施術が終わると相当楽になりました。家ではかかとを挙げてしゃがむことと、ニワトリ歩き(足首をもって歩く動作)を一日2回行うように指導して終了です。喜んでお帰りになりました。

↑PageTop

四十肩、五十肩

2016/11/21

五十肩の患者さんが来院、一か月ほど前から右肩が痛く、夜も眠れない、肩も上がりにくい、首も痛くなってきた、という感じでありました。

五十肩も他の病気の人と同様に肩だけが原因のものではありません。体全体のゆがみ、食べ物、ストレスであります。この患者さんは体のゆがみから来ているものでしたので、ゆがみをとる簡単な均整体操、鶏歩き(自分の足首をもって前後、左右に歩いてもらう)を行ったところ肩が上がり始めました。胸郭全体の緊張がありましたのでこの動作でそこを緩めたわけです。

最後に均整法で体細部の調整を行いましたところ、痛みなく肩は上がりました。まだ軽症で、ほかの治療院で肩だけの施術を受けていなかったのでその分早く良くなりました。体全体のゆがみをとると早く改善します。

↑PageTop

四十肩、五十肩

2016/04/01

四十肩の女性患者さんが来院されました。2日ほど前から左肩が疼き、上げると痛みが出るという具合でした。


病気の原因の簡単な説明をした後にさっそく体の観察を行いました。つま先、太もも、大胸筋に緊張が走っている体型でしたので。そこの緊張をとるために簡単な運動をしてもらいました。するとそれだけで肩が上がるようになりました。特に足の親指に緊張がありましたのでそこを立ったままの姿勢でもみほぐしました。するとさらに楽になりました。
当院ではホールパーソンで体を見ていきますのでこういった施術になります。この方法ですと病気の根本にアプローチできますので早く結果が出ます。

次にベットに移ってもらい均整マニュアルセラピーを行いました。終わってみるとほとんど楽になりました。症状が出て日が浅かったのですぐに結果が出ました。良かったです。

↑PageTop

四十肩、五十肩

2016/02/25

今日、五十肩の男性患者が来院されました。4年前から起こりよくなったり悪くなったりの繰りの返しでリウマチもお持ちという事でした。


関節痛が慢性的で肩だけではなく手首の痛みも慢性的でしたので単に関節だけの問題ではなく腎臓のストレスが関係していると説明をし、ストレスをとるために栄養の話し、腸の話をしました。また体がいじぉゆに筋張っていましたのでビタミンCを飲むように指導。これは抗酸化作用が強いのとコラーゲンの材料になるからであります。
次にストレスの話をし簡単に取る方法を指導。
最後に体の歪みの話しをして、それを正すことを行いました。この患者さんは後ろに反ることができませんでしたのでそれるようになれば肩が上がるようになることを説明。何故そることができないかといいますと胸郭の緊張と太ももの緊張が関係していましたのでその緊張をとるようなことをしました。

均整マニュアルセラピーで全体を整え胸郭の緊張をとるために鶏歩き(足首を持って前後左右に歩く動作)をおこなったところ完全に手が上がってしまいました。

五十肩は肩の病気ではなく全身病なのです。

↑PageTop

肩痛、

2015/12/07

昨日知り合いのお子さんが、バレーボールの試合中アタックをした時に肩を痛めたので見てほしいという依頼がありました。夜で病院も閉まっており、救急病院にも行きましたがものすごく込んでいていつみてもらえるかわからない状態だというので自宅に来てもらいました。脱臼かもしれないという情報もありましたが、痛めた後もプレーを続けていたといいますのでそれはないと思い引き受けました。

見てみますと前方拳上がお臍くらいしかできません。

さっそく施術ですが均整マニュアルセラピーではローカルの施術は行いませんつまり方が悪いからと言って肩だけを施術しないという事です。体の体型、使い方を考えその人の重心がかかっている部位を探し当てそこを施術するのです。バレーボールをしているという事ですので前傾姿勢で体を普段支えていますのでつま先、膝の緊張を確認してそこの筋膜をほどきます。次に右腕、指をみますと前腕部が異常緊張を起こしていましたのでそこの筋膜をほどきました。すると腱板部の痛みが楽になり、右腕が上まで上がるようになりました。次の日病院で見てもらうように指示して施術終了です。腱板損傷のような気がします。
痛くて仕方がなかったのが相当楽になったとよろそんでお帰りになりました。

↑PageTop

五十肩

2013/09/25

左肩の上がらない患者さんが来られました。話を聞いてみますと以前には右肩も上がらなくなったということです。病気の原因は栄養(食事)、ストレス、体のゆがみなどですが、食事はどうかというと一日朝1食で仕事も関係で他は食べる時間がないとのこと。これでは栄養失調状態です。また、一日中パソコンンの前で座っていることが多いので当然体が固くなっています。それでいて、運動はほとんどしないということになればそのしわ寄せが肩に出てもおかしくはないということになります。人は体型により重心のかかる部位が決まっています。現代人は毎日同じ動きをしているがためにその部が固くなります。堅くなると前後、左右、回旋動作に制限が出てきます。この状態が体がゆがんだ状態となります。

その状態を改善しますと体の不具合が改善されるのです。患部を施術するのではなく、体全体のゆがみを正しますと自然治癒力が働き、結果的に患部も修復されるのです。

上記の患者さんもカウンセリングによりそのことを納得されました。

あとは重心のかかった部位をほどくことを行うだけです。初めに前後、左右、回旋動作をしてもらいやりにくい動作を知ってもらいます。最終的にこれらの動作がやりやすくなればOKということになります。

最初に家でできることを教えます。均整体操をしてもらい体が柔らかくなることを知ってもらいます。普段行わない動作をすれば体は柔軟性を回復しますがそれをまとめたのが均整体操です。

その後均整法で体全体を整えていきます。そうすれば自然治癒力が働き症状が改善するのです。上記患者さんも肩の可動域がよくなりました。

施術でのポイントは最初のカウンセリングです。上記の方は30分ほど時間をかけました。その結果様々な情報を得ることができ納得のいく施術結果が得られました。

 

↑PageTop

五十肩、へバーデン結節、膝痛、頭痛

2013/03/06

昨日、五十肩、へバーデン結節、膝痛、頭痛の症状をお持ちの患者さんが来られました。当院では実はあまり症状は関係ありません。体のゆがみを整えることだけを行います。そのあとは患者さんがもっている自然治癒力の力で改善していくのです。ですから複数の症状があっても何も困ることはありません。いつものように、体の状態、ゆがみをとるとどうなるかなどお話をさせていただき患部を重視せづ体全体を見ていきます。その後が気になる部位を調整、五十肩の人はあまり知られていませんがL1、L2の緊張を椅子に座らせた状態で調整しますとその場でかたがつきます。普通五十肩、四十肩の人は改善するのに1年から2年かかります。がこの方法ですと2~3回で施術終了になってしまいます。軽い方はその意場で終了になります。膝痛も痛い角度を作り膝以外に緊張の着ている部分を調整するとその場で楽になります。この方は肩、膝に注射をしていたそうですがもうする必要がなくなってしまいました。現代医学では部分部分を見ていきますが均整術では全体を見ていきます。そうすると短期間でかたがつきます。困っている人は一度均整術の施術を受けてみてはいかがですか。

↑PageTop

肩の痛み

2011/12/21

昨日寝ると肩がいたいという患者さんが来られました。何年も前から痛く困っていたとの事。いろいろ治療に行っていましたがなかなか良くならず困っていました。いろいろHPを探して当院に来院されました。数年前には卵巣の調子が悪くOPEの経験もあります。体をみてみますと下半身が異常に硬くそこから体の調子が悪くなっているのは一目瞭然でしたので、全身の歪みを正し下半身の調整をした所寝ても肩は痛くなりませんでした。首も良く回るようになり、今までの治療は何だったんだろうといわれ喜んで帰宅されました。

↑PageTop

四十肩、五十肩

2011/07/30

先日四十肩、五十肩の患者さんが来られました。一般的には肩関節周囲炎といわれ石灰化などが原因とされます、何もしなくとも1年半から2年で良くなるとされています。均整法では肩の疾患としては捕らえません。体全体の歪みの結果そのしわ寄せが肩に来ていると考えます。ですから施術も肩を行うのではなく体全体の歪みを整える方法を行います。肩だけ施術すると帰って痛みが増す場合がありますので注意が必要です。この患者さんも歪みの調整を行うと肩がスーットあがるようになりました。あとは均整体操を家でおこなえばはやくよくなります。

↑PageTop

四十肩、五十肩

2011/07/07

四十肩・五十肩は方の疾患だと考えるとなかなか治らない病気です。肩関節周囲炎などといいます。当院では体全体の問題として捉えます。すなわち体全体のゆがみの歪が方に出ていると考えるのです。均整法ではどんな病気の人も体が歪んでいるとみなします。この歪みのしわ寄せが人によっては肩であったり、腰であったり、内臓であったりするのです。ですから四十肩・五十肩の方もまず、体全体のゆがみを治すことをします。そして筋膜をはがすようなことをしますと短期間で良くなってしまいます。先日も四十肩・五十肩の患者さんが来られましたが上記の施術を行いましたところその場で腕が上がってしまいました。本人はびってくりしていました。短期で良くするには均整術の施術を一度受けて見てください。

↑PageTop

三起均整院

最新記事