2015年8月

へバーデン結節

2015/08/29

へバーデン結節を3年前からお持ちの患者さんが来られました。指の変形はありましたが痛みがなかったので放置していましたが最近痛みを伴い始めたので何とかならないかとインターネットで検索して当院に来院されました。


この患者さんに限らず来院者の半数は半信半疑で来られます。病院でよくならないものが体操でよくなるのか?それでも一縷の望みをかけて来院される患者は後を絶ちません。

初回の患者さんには2時間枠をとります。その中で病気の原因とその改善法を納得してもらいながら話を進めていきます。どんな病気でも必ず原因があります。

栄養、ストレス、体のゆがみが3大原因であります。その原因を取り除けばへバーデン結節をはじめとした難病から肩こり、腰痛などの日常の症状もすべて改善させることができます。

まず最初に栄養の話をいたします。体にいいものを取り入れ、よくないものを取り入れないこと、必要な栄養素を取り入れ不必要なものを出すシステムが正常に働いているか、具体的に言いますとアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶、甘いもの(果物含む)を一定期間やめてもらいます。そして水をよく飲み、できればビタミンCのサプリメントを飲んでもらいます。最初は2週間。これだけでも体全体は楽になってきます。先日も甘いものを2週間やめたら肩こりがものすごく楽になった患者さんがおられました。
上記のも事をおこなぃますと血液がきれいになり腎臓の負担が軽減いたします。へバーデン結節は腎臓がストレスを感じるとなる病気ですので血液をきれいにすることが絶対条件となります。

その後必要な栄養素を取り入れてもらうことを行います。体を正常に保つためには90種類の栄養素が必要だとDr Joel  D  wallachが言っています。すなわち60種類のミネラル、16種類のビタミン、12種類のアミノ酸、2種類の脂肪酸であります。病気の人はこれらのものが不足しています。それを補うことが必要になってきます。

その他ホルモン異常がある人はハーブを勧めております。女性ではPMSや更年期障害などの人、男性では前立腺に問題があり尿の切れが悪かったり夜間頻尿の人にお勧めです。

栄養が問題でへバーデン結節になっている人は上記のことを行えばよくなります。

次にストレスです。
ストレスがあっても様々な病気になります。
当院ではストレスを大脳生理学の立場からとらえております。すなわちストレス状態の脳は左右どちらかが優位に働いているのです。左脳が優位の場合は一つのことが気になって仕方がありません。右脳優位の人はなんだかわからないのに死にたくなる喉です。

ではどうすればいいか?
左右の脳を同じように働かせればいいのです。
一番簡単な方法はおでこに手を当てることです。はじめは寝る前に5分ほど手を当てて寝ます。そうすることで左右の脳のエネルギーバランスが整ってきます。これでうまくいかない人は別の方法を行います。


最後に体の歪みですが、現代医学では体のゆがみが病気の原因であることは知りません。
ですから、もし、この体のゆがみがへバーデン結節の原因の人がいたらゆがみを正さない限りよくなりません。
体のゆがみとは見た目のゆがみだけではなく、前後、左右、回旋動作をした時に一つでもやりにく動作があれば体は歪んでいるのです。ホースがねじれた状態だと思ってください。これを戻すと血液リンパの流れが正常となり自然治癒力が最大限に働くことができ病気の改善ができるのです。
当院では均整体操を家では行ってもらいいつでも体のゆがみが取れた状態を保つことを教えております。

上記3つの原因を取り去ることを行うと驚くほど速く病気の回復が期待できます。

先ほどの患者さんもその場で指の痛み、むくみがなくなり喜んで帰られました。家では食事、ストレス、体のゆがみを正すことをしていただき月に一度チエックに来てもらうようにしてもらいました。そうすることによってへバーデン結節は元よりこれから起こるであろう病気を予防することができるのです。

上記のようなナチュロパシック医療に興味のある方は自分の治療院でも取り入れたい方はご連絡ください。

↑PageTop

頸椎椎間板ヘルニア、生理痛

2015/08/22

頸椎椎間板ヘルニア、生理痛の症状をお持ちの20代後半の女性患者さんが来院されました。

栄養、ストレスの問題はなさそうでしたので体のゆがみを整えれば症状はよくなると判断。

均整体操イスバージョンを行い脊柱周辺の筋膜の緊張をとり、しゃがむ動作、などを行ったところ頸の痛みはなくなってしまいました。

その後均整マニュアルセラピー(KMT)を行い体全体の傾斜圧を取り除きました。
この患者さんは膝周辺に傾斜圧がかかっていましたのでその周辺の筋膜をリリースいたしますと体全体のゆがみが整います。なぜ生理痛があるかといいますと膝周辺特に太もも周辺の筋膜の緊張がもととなり腰部の緊張を引き起こします。腰部が緊張しますと内部臓器が正常に働かなくなります。人によっては生理痛、腰痛、子宮筋腫、便秘、卵巣嚢腫などの症状が出てしまうのです。

ではどうすればいいかといいますと膝周辺の緊張を取り除けばいいのです。まずは踵を上げてしゃがむことを一日に回ほど行います。その後体全体のゆがみを正す均整体操を行います。後は水をよく飲みアルコール、たばこ、コーヒー、甘いものを避けてもらえばよくなってしまいます。若い方はこれだけ行うだけでかなりよくなってしまいます。

10月から均整体操指導者養成講座を行います何故この体操で体のゆがみが整うのかがわかります興味のある方はご連絡ください。また今回はスカラーシップ制度を設けており医療系の学生で学びたいが金銭的に苦しい方は条件を満たしていれば無償で授業を受ける制度を設けました。こちらの方も募集しております。

↑PageTop

脊柱管狭窄症

2015/08/15

へバーデン結節と並んで最近多いのが脊柱管狭窄症です。この場合この病気だけではなく心臓病、糖尿病などもお持ちの方も多くおられます。脊柱管狭窄症は単に脊柱の病気ではなく全身の病気として考えなければ解決いたしません。食べ物、ストレス、体のゆがみこれらすべて影響しあいますので、カウンセリングが重要です。先日来院された患者さんはコーヒーを一日何杯もお飲みでした。これでは何をやってもよくなりません。脊柱管狭窄症は骨の病気でありますので腎臓が必ずストレスを受けています。カフェインを含んだものは利尿作用がありますので腎臓に負担がかかります。そういったことを続けていますとよくなるはずはありません。まずはコーヒーを飲むのをやめ水をよく飲んでもらいます。そして体のゆがみを正すことを行うと次第に楽になっていきます。こちらの患者さんも3週間でベットからの起き上がりが楽になってきました。

↑PageTop

へバーデン結節、喘息

2015/08/09

先日、へバーデン結節と喘息の症状をお持ちの患者さんが来院されました。第一関節の腫れはコーヒーと甘いものを控えたら良くなってきているという状態でした。


病気の原因を話し、体のチェック、写真撮影などを行い、家でできることを教えました。もちろん均整体操も教えました。すると異常に前腕特に右が緊張しているではありませんか。普段から体全体を見るようにしていますのですぐに異常に気付きました。また、両膝がまっすぐに立っているつもりでも少し曲がっています。ここにも異常緊張があります。これらの緊張が原因で体を後ろにそらす事が出来ないのと左にねじることがスムーズにできません。そういう体の歪みが有ったのです。それらを均整体操、均整マニュアルセラピーで解決するとて全ての動作が楽になりました。と同時に呼吸も楽になりました。症状を負わずに体の歪みを正す事をすれば体は楽になるのです。なぜならば病気の3大原因は栄養、ストレス、体の歪みだからです。これに栄養療法、ストレス解消法を加えれば相当の確率で体は楽になります。当院はその3つを同時に行うことをいたしております。

↑PageTop

アンチエイジング3 糖化

2015/08/03

老化を促進するものに糖化があります。糖化とは酵素反応なしで炭水化物とたんぱく質、あるいは脂肪と結合することです。


糖化反応が進むとadvanced glycation end products 最終糖化製品 AGEができてしまいます。これができますと単球の遊走を阻害し、巨大分子の膜の透過性をまし、活性酸素を増加、コラーゲン線維が硬くなるなどのことが起き結果的には老化を早めさまざまな病気になる恐れが出てきます。

ですから糖分の取りすぎには気を付けなければなりません。老化を促進します。

↑PageTop

三起均整院

最新記事