2014年12月

新患さんへの対応

2014/12/21

毎日、全国から時には海外に住んでいる日本人がへバーデン結節の施術に当院に訪れます。当院の施術法はナチュロパシーを主とした自然療法に均整マニュアルセラピーを加味した全体療法です。へバーデン結節の患者さんはそれだけではなく他にもさまざまな症状をお持ちの方が多くいらっしゃいますが当院の療法を行いますと複数の辛い症状が同時に改善していきます。なぜなら根本から改善していくからです。

病気の原因は元をたどると栄養、ストレス、体の歪みの3つに集約されます。栄養は体にいいものを食べて、良くないものを食べないことが基本です。酒、タバコ、コーヒー、甘いもの(果物含む)これらを一定期間取らないことがポイントとなります。そして水を飲むことです。
ストレス普通のストレスは大丈夫です。その他の重篤なものは解決が必要になってきます。いろいろな方法があります。
体の歪みは、均整体操、均整マニュアルセラピーで正します。これらを総合的に行いますと自然と様々な症状は消えてきます。このことを理解してもらうために当院では初回は2時間のコースをお勧めいたしております。初めて聞くことがほとんどですのでこれくらい時間をかけないと理解できません。理解できると改善も当然早くなります。できるだけ自然に良くなる方法で行いますので最初の1~2日カ月はつめてきていただきますが症状が落ち着けば月に一度くらいの頻度で充分であります。

↑PageTop

ヒートジャパン テニス

2014/12/14

本日12月14日、MTS三鷹でヒートジャパンを観戦してきました。これは何かといいますと日本のトッププロが集まり総当たり戦で戦うテニスのトーナメントのことであります。毎年この時期に行われます。


私が週一回テニスのレッスンに通っているMTS三鷹で毎年行われております。このスクールのトップは元全日本チャンピオンの増田健太郎で、彼の力で毎年日本のトッププロが集まっております。今年は添田 豪、守谷宏紀、内山靖崇、杉田祐一の4選手の予定でしたが杉田選手がけがのため代わりにエキジビションだけ参加予定でした鈴木貴男、西岡良仁の両選手がタッグを組み交代ででるというサプライズでありました。アジア大会金メダルのフォアハンドはキレがありました。(西岡選手)また出場選手は歴代のチャンピオンで見ごたえがありました。
優勝したのは添田選手で安定した試合の流れでした。決勝戦の相手は鈴木選手で過去全日本で3回の優勝経験のあるレジェンドでありプレーとトークに磨きがかかっており見ごたえのある戦いでした。

2014ヒートジャパン3.JPG
                   サウスポーの西岡選手

2014.ヒートジャパン2.JPG
                      添田選手のサーブ
2014.ヒートジャパン1.JPG
            ジャパンオープンで錦織選手とダブルスを組んだ内山選手です。


↑PageTop

三起均整院

最新記事