2012年1月

自然治癒力(ホメオスターシス)

2012/01/31

人は病気になると自然治癒力(ホメオスターシス)が働き治癒へと向かう機構が体の中にあります。この力が弱まるとなかなか良くならなくなり慢性症状へと移行してしまいます。日ごろ治療所で施術していますといろいろな患者さんが来られます。慢性症状の方も多く来られます。そういった方を観察しますと必ず体が歪んでいます。見た目のゆがみもありますが、前後、左右、回旋動作をしてもらいますと必ずやりにくい動作があります。この状態が続きますと、(ちょうどホースが曲がって水が出ない状態を想像してください)血液、リンパの流れがわるくなり正常な生態活動ができない状態になっています。これが自然治癒力(ホメオスターシス)が弱まっている状態です。これを解消してあげますと血液、リンパが正常に流れるようになり自然治癒力(ホメオスターシス)が高まり様々な症状が一度によくなり始めます。この療法が均整法です。現在米国でも広がろうとしているこの療法を健康維持、回復のために一度受けることをお勧めいたします。中高年になりますと必ず体がゆがみますので何も症状がなくとも月に一度程度受けることをお勧めいたします。お近くの均整院に一度でむいてみてください。

↑PageTop

研修生

2012/01/28

今日は、私が講師を務めていますジャパンカレッジオブナチュロパシーの生徒2人が群馬県から朝5時おきで施術の見学に来ています。午前の部が終わり昼休みに入る所です。ジャパンカレッジオブナチュロパシーは日本では初めて本格ナチュロパシーを教えるところで私は東洋医学、均整の経絡操縦法などを教えています。詳しくはこちらを見てください

↑PageTop

均整体操指導者養成講座

2012/01/22

本日、均整体操指導者養成講座を開いています。今回は2名の参加です。午前中は均整体操が出来るまでの歴史と均整関節体操立位、座位のバージョンと均整筋肉体操、立位、座位バージョンをレクチャーしました。生徒の中にむち打ち症の方がおられましたが首の痛みが止まりました。

現在昼食を終えたところです。昼食は近くの中華料理屋に行きました。(久我山のセイカ)ここはものすごく丁寧な仕事をするところでお勧めは中華丼です。我々は中華丼と細ぎり肉のかけご飯をたべました。

昼食.jpg

               お勧めの中華丼です 下は細ぎり肉のかけごはんです。

昼食0.jpg

↑PageTop

緑内障

2012/01/21

おととい、四国の愛媛県から緑内障の患者さんが来られました。左右の眼圧が40あり左目は失明しており、右目も今年の初めに眼圧を下げる点滴をしてから見えない状態になったそうです。ウェブ検索をして当院を知りわらをもすがる思いで来られました。さっそく体を観てみますととにかく体が硬い、特に首が全く動かない状態でした。緑内障に限らず眼の疾患は、眼の周りの筋肉が硬くなりそのために眼のリンパ液の循環が悪くなるためにおこります。ですから眼の周りの筋肉の緊張をとるのが早く治すコツになります。これを行わないで点眼だけ行っても対症療法となりなかなかよくなりません。私のところではまず、体全体のゆがみを整えます。そうするとある程度眼の周りの筋肉の緊張が取れます。体全体のゆがみを整えずに直接患部を行うとすぐににまた硬くなりますので、あくまでも体全体の病気としてとらえます。そうするとなんとかなります。2日間施術させてもらいましたが多少右目に明るさを感じるようになりました。今後はこちらに通うのが難しいため関西、または中国地方の先生を紹介して施術を受けてもらうことにしました。

↑PageTop

腕のしびれ

2012/01/21

昨年末2度ほど肩の痛みで来院され完治した患者さんが今度は手のしびれで来院されました。小屋を解体して手を酷使した次の日から起こったとのこと。当院が遠いために近くのカイロプラクテイックに4日ほど通ったがよくならず整形に行ったらストレートネックでこれは治らないと言われ薬を5種類も出されたためにあわてて当院に来院しました。この方には均整体操を教えており毎日していたということですが、もう一度私の指示で行ってもらいました。何箇所か自己流になっていました。正しく行ってもらうと(均整筋肉体操基礎編)その場でしびれはなくなりました。あとは均整術で細かく調整しましたところすっかりよくなってしまいました。均整法では症状を追いかけることはしませんので様々な症状の方を取り扱うことができます。病院では首だけのものとしてとらえますが均整法では体全体のゆがみの歪がくびにでてその結果しびれが出たと判断します。ですからどんな症状の方でも体全体をみていくのが早く治すポイントになります。均整体操で体全体のゆがみをある程度但し、均整法で細かく調整しますと病気の改善、予防に最適となります。例えるならばホースのねじれを正し、ホースなかの掃除をするようなものです。結局この患者さんは月1回程度予防のために来院することになりました。皆様も一度均整法をうけてみては。

↑PageTop

均整体操指導者養成講座

2012/01/18

本日、第4期均整体操指導者養成講座が終了いたしました。均整体操は非常に簡単な動きで体のゆがみを正すことができる夢の体操です。体の調子が悪い方、もしくは調子が悪くなる前にはかならず体が歪みます。現代医学では血液検査、X線などの検査が行われていますが、ゆがみの検査がありません。現代医学でよくならないものがゆがみを正すとよくなるのはわれわれの施術所で日ごろ当たり前のようにおこっています。それを自分でできるのがこの体操です。だから夢の体操なのです。各種治療家、ヨガ、ティラピス、エアロビクスなどの各種指導者の方は特に受けていただきたい講座です。

第5期が1月22日から始まります。受けたい方はご連絡ください。詳しくはこちらを

↑PageTop

均整体操教室

2012/01/17

毎月第二火曜日、第四月曜日に久我山の向かい野ホールで午後1:00~1:45まで均整体操教室を行っています。中高年向きの体操で、体の歪みを正し健康維持、増進を目指しております。

先日も行いましたが字を描くときに指先が震えてしまう方が来られましたが、その次の日からまったく止まってしまったと喜びの報告を受けました。

均整体操は簡単な動作で体の歪みが正されあらゆる症状に有効な体操です。お近くの方は一度参加してください。詳しい説明はこちらから

↑PageTop

美容整体

2012/01/15

最近、美容整体という言葉をよく聞くようになりました。驚くのはその料金体系です。入会金から始まりビジター料金などがあり一般の料金に比べて非常にお高くなっています。銀座にあるお店ではなんと1回200万円~300万円というところもあるようです。

均整法でも姿形均整という方法があります。小顔、O脚矯正、各部引き締め、骨盤矯正などの美容整体法です。美容整体法といいますとその部分だけを施術されているところが多いようですが、均整法ではあくまでも体全体のゆがみを正してから行います。これを行わないと矯正しましてもすぐに元に戻ってしまいます。そのため短期間に何回も通わなければなりません。また、骨盤矯正を例にとりますと肋骨と骨盤には相関関係があり肋骨が閉まると骨盤は開きます。肋骨が開くと骨盤はしまります。この関係を無視して骨盤矯正をしますと調子が悪くなります。当院ではどんな症状の人でも全体調整を行います。その後に各部の調整を行いますと引き締まった体を長く保つことができます。さらにご自宅で均整体操を行いますとひと月近くしまった体を保つことができます。

↑PageTop

尋常性白斑

2012/01/07

尋常性白斑といわれた少女が昨年後半から来院していました。顔の耳の下に局部的にあり、また足にも局部的にありました。均整法では症状を追いかけることはせずに、体の歪みを追いかけます。この少女は側頭部が硬く、バレーをやっている関係で足首周辺も硬くなっていました。足首と側頭部は相関関係がありこれらの部を主に調整しました。家では足首の緩め方を教えそれを毎日行ってもらっていました。施術は2週間に1回程度の施術を数回行いましたところ、白斑が薄くなっり目立たなくなってきました。

↑PageTop

新年あけましておめでとうございます

2012/01/05

新年あけましておめでとうございます。当院は本日から営業開始いたしました。

今年も全力で施術活動を行います。よろしくどうぞ。

↑PageTop

三起均整院

最新記事