うつ病

2011/06/03

今日、久しぶりにうつ病の患者さんがこられました。普通はいろいろ悩むところですが、以前うつ病の患者さんが多く来られれいたのでその対処法も心得ております。いろいろ改善法を試しましたが基本の方法で十分改善いたします。均整法は患者さんの症状には左右されません。症状を観るのではなくあくまでも体型を追い求めます。すなわちゆがみを整えることのみを行います。そうすると後はかってに自然治癒力が働きあらゆる症状がよくなるのです。うつ病の人も例外ではありません。うつ病というと特別な病気のように思いますがゆがみを整えるとよくなってしまうのです。東洋医学では心臓がストレスを受けると狭心症などの心疾患になるか精神に異常をきたすことになっています。すなわちうつ病も心臓のストレスを取り除くとよくなることになっているわけです。ではどうすれば心臓のストレスを取り除くことができるかというと各臓器は胸郭の中に入っています。胸郭が緊張すると中に入っている臓器がストレスを受けます。心臓が受けるとうつ病、狭心症になるだけなのです。ですから胸郭の緊張をとることがうつ病解決の近道ですが、これをとるには体全体のゆがみを正すと胸郭の緊張も取れるのです。すなわちゆがみを正すとうつ病もよくなるのです。均整法の施術を定期的に受け、自宅では均整体操(均整関節体操・均整筋肉体操)をすることが一番の近道なのです。

↑PageTop