2011年6月

体操教室

2011/06/28

昨日は体操教室の日でした。均整体操で体のゆがみをただし、健康の維持、回復を狙う教室です。均整体操のいいところは体全体のゆがみをただす事によって様々な症状も一度に良くなることです。昨日は新人さんが3人こられました。一人で複数の症状をもたれていましたが。終わってみると症状がなくなっているのにはみなさんおどろきです。変わったところではO脚の方も何とかならないかと言うことでしたが、これも終わってみると足が着くようになっていました。O脚の方は上部胸椎部が硬くなっていますのでそこが緩むと自然に足が伸びるのです。それが分からずに足ばかりにアプローチしてもだめです。均整体操は全身のゆがみが取れますのでこういったことも出来るのです。

9月~12月までの第3水曜日(全4回)に均整体操指導者養成講座(インストラクター)を開きます。

自分の体操教室、ヨガ教室などで指導したい方、もっと深く均整体操を知りたい方、などどなたでも受けることが出来ます。詳しくはこちらを見てください。

↑PageTop

嵐効果か?

2011/06/27

先週、娘に頼まれ嵐コンサートグッズを買いに東京ドームに4時間半ならんだ事をブログに書いた所アクセスがいきなり6倍になりました。恐るべし嵐効果、平日2時30分から並び始めましたがほとんどの方が中年の女性でした。お子さんがファンなのか、本人がファンなのかは分かりませんが辛抱強く並んでいました。途中で腰が痛くなり座り込んでいる人もいましたが。ここで均整体操(あらゆる症状に効く夢の体操)を行えば簡単に楽になるのになあと思いながら並んでいました。

↑PageTop

知的障害者

2011/06/27

昨日は月に一度のたまも塾、障害者の施術の日でした。彼らは薬を飲んでいるせいか、お漏らしをする子が多い。一日に8回もパンツを変える人もいます。トイレに行ってもすぐに出したりします。ところがたまも塾にいるときはお漏らしはしません。一種のこだわりかもしれません。施術前に保護者の方に彼らの様子を聞きますが昨日はお漏らしの頻度が少なくなったと言う話が多くでていました。あつさで汗で水分が出るためなのか、彼らが成長したためなのかは分かりませんが下も調子がいいようでした。

↑PageTop

均整体操指導者養成講座

2011/06/24

第4期均整体操指導者養成講座を9月~12月に行います。第3水曜日の全4回です。均整体操を指導したい方、深く知りたい方などどなたでも参加することができます。詳しくはHPを観てください。

↑PageTop

緑内障

2011/06/23

眼圧は正常で緑内障にかかっている患者さんがこのところ多く来られます。視野が狭窄し最後には見えなくなると眼科では言われるそうです。点眼しか打つ手立てはないようです。均整法では眼の病気とは考えずに体全体の病気と考えます。体全体のゆがみを整え眼筋の緊張を取るようなことを行うと良くなってしまうのです。困っている方は一度均整法を受けてみてください。受けると目の前が明るくなります。

↑PageTop

嵐コンサートグッズ

2011/06/23

昨日娘に頼まれて嵐のコンサートグッズを買いに東京ドームに行ってきました。昨日が初日で12:00から販売開始でした。いつもはコンサートの前に行われるのですが、今週末に東京ドームで嵐のチャリティーイベントが行われるのにあわせてプレ販売を行ったわけです。午前中用事がありましたので3:00頃つけば混雑も緩和されていると思いました。2:30に着きましたら長蛇の列、ドームを半周し4時間待ちだということでした。せっかくきたので待つことにしました。待ってみると意外と早く進むのでこれは2時間くらいで帰るのかと思いきや、売り場はドームの外側でさらに長蛇の列です。結局4時間半まってやっと売り場に到着です。男性の比率は1000分の1の割合で圧倒的に女性が多くしかも中年の方が多かったです。8:00までの販売でしたが、5:00にはもう並ぶことが出来ませんでした。一人一品5個までしか変えない制限つきです。私が買ったのはストラップ、チャリティーチャーム、クリアファイル、ポスタージャンボうちわ、オリジナルペンライトです。今日も9:00からの販売です。買いに行かれる方は早目をお勧めいたします。

↑PageTop

坐骨神経痛

2011/06/20

久しぶりに、70過ぎのある患者さんが来られました。話を聞くと脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛のようです。均整筋肉体操を行いその後施術をしましたところ痛み、違和感がなくなりました。今後健康維持のために月1回は来てもらうようにしました。

↑PageTop

カイロタイムズの取材

2011/06/19

昨日カイロタイムズの取材を受けました。夜8:00から行っている勉強会の取材です。この日は7月に福岡で開業する後輩の特訓です。均整法の基礎である体型調整を主体に関節操法まで復讐をおこないました。均整法の特徴はどこが悪くても体全体のゆがみを整えることです。そして症状を追いかけることは行いません。体型を追いかけます。体型を整えると自然治癒力が働き自然と複数の症状がよくなるのです。そのへんのところを行った後で取材記者に実際に体験してもらいました。おなかが出ていてビール腹状態でしたのでそれを引き締める操法を行いますと。本人もびっくりおなかがへこみました。そうです均整法には美容整体もあるのです。

↑PageTop

モートン病

2011/06/17

今日モートン病の疑いのある方がこられました。歩くと第2指と第3指の間が痛くなります。病院では足底筋膜炎と言われているようですが症状からするとモートン病ではないかとその患者さんは疑っていました。早速体のゆがみを検査しました。体全体に柔軟性がありません。前後、左右、回旋動作をスムーズに行えるように施術を行いました。そのご足の指、足の甲の緊張を取りますと痛みが消失しうそのように楽になりました。家でのケア方法を教えて施術を終えました。大変喜んでいました。

↑PageTop

ヘバーデン結節

2011/06/16

ヘバーデン結節で治りにくいのは、甘いものを食べているもの、お酒を良く飲んでいる人に多いです。

今日もヘバーデンの方が来られましたが前回こられたときに甘いものがすきだと言われていましたので、控えてくださいと言い渡していました。来られてみると指の腫れが大分引いていました。甘い物好きな方は控えてください。

↑PageTop

ヘバーデン結節

2011/06/15

先日、ヘバーデン結節の患者さんがきましたが。理容師の方で手を使わなければならないので痛みを何とかしたいといいます。それだけではなく交通事故もやっており鞭打ちが治っていません。また坐骨神経痛もあり足が伸びません。腕も上がりません。均整法ではゆがみを正すと様々な症状が一度によくなり始めるという特徴があります。均整体操を行った後にいつものように前後、左右、回旋動作を整えることをおこないました。その後関節操法を行うと一度につらい症状が取れてしまいました。いろいろな施術を受けられていましたが一度にこんなに良くなるのは初めてだと喜んで帰られました。

↑PageTop

緑内障

2011/06/10

今日もまた緑内障を何とかしたいと言う患者さんが来られました。年配の女性です。当院は症状にとらわれなく、体型を整えて体を治すことを説明し納得してもらってから施術いたしました。体を見ると背中が盛りあがり、ふくらはぎもパンパンに張っていました。膝痛もありましたのでこの部分がポイントになりそうでした。施術が終わると膝痛がなくなっていました。目の方も次第に良くなるでしょう。しばらく通ってもらうことにしました。手術を勧められており何とかしたいと言う思いで来られましたので何とかしましょう。

↑PageTop

緑内障

2011/06/09

今日緑内障の少年がきました。均整法では症状にとらわれませんので早速体のゆがみをチエックしました。水泳をやっていると言うことですが以外に上半身に緊張はなく下半身に異常な緊張がありました。体の柔軟性は前後、左右、回旋ともにあまり異常は見られませんでしたが下半身が硬い感じです。この緊張が目の回りの筋膜を引っ張り目の循環が悪くなり緑内障に移行したものと思われます。均整法で体全体のゆがみをとり、下半身の緊張をとりますと足のむくみが取れ目の回りの緊張も取れました。前後、左右、回旋動作をしてもらうと体が体操選手のように曲がるようになりびっくりしていました。これを続けていればきっと良くなるでしょう。

↑PageTop

単純性股関節炎

2011/06/07

単純性股関節炎ではないかといわれる子供が来ました。左の大腿二頭筋が緊張しています。均整法は症状を追いかけませんのでいろいろな症状の方を施術できます。いつものように体全体のゆがみを整えます。すると大腿二頭筋の緊張がとれます。残った緊張をとると痛みが取れました。このように体のゆがみを整えますとさまざまな症状がよくなります。

↑PageTop

ヘバーデン結節

2011/06/06

今日もヘバーデン結節の患者さんが来られましたが、いつものように体全体のゆがみを整えますとよくなると言うことをお話いたしました。均整体操を教え、均整術の施術を行いましたところ指の腫れが引きました。痛みもなくなりました。家では均整体操、これるなら月に1~2回きてもらうようにしました。途中痛みが出た場合は足のうちくるぶしの真下1センチくらいにある照海と言うツボに千年灸を3~4個行うと痛みは止まりますので試してください。

下記は照海の写真です。

ないか.jpg

↑PageTop

田植え

2011/06/05

今日は朝から下の娘と三鷹市ロータリークラブ主催の田植えに参加してきました。ほたるの里で10:00から行われました。参加した人には昨年その田んぼでとれた米でつくった赤飯とお茶がプレゼントとしていただきました。

IMG_0308.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0314.jpg

 

↑PageTop

膝痛

2011/06/05

昨日は土曜日で忙しかった。膝痛と高血圧の症状をお持ちの男性患者さんが来院。夫婦で来られましたが時間の関係で一人しかできませんでした。いつものように当院の施術法をはじめに説明しました。均整法では体のどこが調子を崩しても必ず体が歪んでいます。体全体のゆがみを、正しますと複数の症状が一度によくなり始めます。まず、膝の観察をします、膝のどの部分が痛いのかどうすると痛いのかなどを聞きま。その後体全体のゆがみを観ます。前後、左右、回旋動作をしどの動作がやりにくいのかを観ます。このやりにくい動作がやりやすくなると体のゆがみが正されすべての症状がよくなり始めます。最初に均整体操を夫婦でやってもらいました。なんと体が柔らかくなりました。その後細かく均整法の施術を行いました。膝の動きがよくなりゆがみが取れてきました。血圧のほう続ければよくなるでしょう。

↑PageTop

緑内障

2011/06/03

眼のトラブル解消法を購入された方が来られました。緑内障でした。レーザの手術を勧められ何とかならないのかと思い来院されました。プログラムで一番大切なのは観察です。これを行わないと効きません。彼はこれを行っていませんでした。すなわち体のゆがみのチエックです。体のどこが悪くても体は必ず歪むのです。前後、左右、回旋動作を行いやりにくい動作がやりやすくなると自然治癒力が働き体のあらゆる症状がよくなるのです。眼の疾患もそうです。眼の疾患は間の周りの筋肉が緊張しておこりますが、これは全身に及びます。体全体のゆがみを正せば眼の周りの筋肉の緊張も取れるのです。はじめと終わりのチェックを行いこれが変わりませんとよくなりません変わるとよくなるのです。自宅では均整体操を行うとなおよくなります。

↑PageTop

うつ病

2011/06/03

今日、久しぶりにうつ病の患者さんがこられました。普通はいろいろ悩むところですが、以前うつ病の患者さんが多く来られれいたのでその対処法も心得ております。いろいろ改善法を試しましたが基本の方法で十分改善いたします。均整法は患者さんの症状には左右されません。症状を観るのではなくあくまでも体型を追い求めます。すなわちゆがみを整えることのみを行います。そうすると後はかってに自然治癒力が働きあらゆる症状がよくなるのです。うつ病の人も例外ではありません。うつ病というと特別な病気のように思いますがゆがみを整えるとよくなってしまうのです。東洋医学では心臓がストレスを受けると狭心症などの心疾患になるか精神に異常をきたすことになっています。すなわちうつ病も心臓のストレスを取り除くとよくなることになっているわけです。ではどうすれば心臓のストレスを取り除くことができるかというと各臓器は胸郭の中に入っています。胸郭が緊張すると中に入っている臓器がストレスを受けます。心臓が受けるとうつ病、狭心症になるだけなのです。ですから胸郭の緊張をとることがうつ病解決の近道ですが、これをとるには体全体のゆがみを正すと胸郭の緊張も取れるのです。すなわちゆがみを正すとうつ病もよくなるのです。均整法の施術を定期的に受け、自宅では均整体操(均整関節体操・均整筋肉体操)をすることが一番の近道なのです。

↑PageTop

プシャール結節

2011/06/02

今日、指の第2関節の痛みの患者さんが来られました。プシャール結節と言いますが、ヘバーデン結節と同じようにこれも指の疾患ではなく骨の疾患ですので腎臓のストレスが原因になります。均整法では体のどこが調子を崩しても必ず体は歪みます。体全体のゆがみをととのえれば体のあらゆるストレスが取れ複数の症状も回復に向かいます。腎臓のストレスも取れるのです。施術後、指が痛くなくなっているのにびっくりされていました。指の太さも、細くなっていました。

↑PageTop

ジャパンカレッジオブナチュロパシーでの講義

2011/06/01

今日は群馬県の前橋市にあるジャパンカレッジオブナチュロパシーで経絡の講義をしてきました。昨年発足したこの学校は、均整の先輩である町田修先生が主宰しており世界に通じる手技療法者を育てることを目標にしております。町田先生は苦労してアメリカのナチュロパシック医科大学に入学し3年間そこで学んだつわものです。代替医療専門の医学部です。彼の学校の最大の特徴は少数精鋭で米国の医学部の基礎医学が学べることです。(医学用語は英語になります。)この学校を卒業すると世界に通じるナチュロパスとなり医師とも対等に会話ができる知識が身についています。均整法も学べます。米国のニューハンプシャーでの研修にも参加できます。

私はこの学校で月2回経絡、経絡操法、漢方概論を教えています。一度HPを見てください。

 

↑PageTop

三起均整院

最新記事