健康BLOG

コウノドリ 不育症

2017/12/09:

コウノドリ、ドクターXなど医療系ドラマをいつも楽しみに見ていますが。昨日は不育症についてでした。85パーセントは原因がわからないということでした。

原因は必ずあると思います。病気の種類は五万とありますがその根本原因は栄養、ストレス、体のゆがみの3つにあると思います。よく病気の三大原因として食べすぎ、ストレス、運動不足が挙げられますが詳しく言うと上記の者になります。

栄養でいいますとアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いもの(果物含む)これらのものは腎臓にストレスを与えますので婦人科疾患をお持ちの方は避けたほうがいいでしょう。そして水をよく飲むことをお勧めします。色のついていない水は腎臓に刺激を与えないので体に優しいのです。

ストレスこれも非常に大きな要素になりますので気持ちを楽に持つ工夫が必要となります。

体の歪み、これはほとんどの方は知りません。見た目の歪みだけではなく前後、左右、回旋動作で一つでもやりにくい動作があればからだは歪んでいるのです。体がゆがむと血液、リンパの流れが悪くなり様々な症状が現れてしまいます。その一つが不育症ではないのでしょうか。とくに婦人科疾患をお持ちの患者さんのゆがみを調べてみますと太ももの緊張が異常に強い方がほとんどです。この部位が緊張を起こしますと腰が固くなり骨盤内臓器の働きが悪くなります。症状の出方は人によって違います。腰痛、股関節痛、膝痛、頭痛、生理痛、卵巣嚢腫、不育症などであります。

解消法としましては太ももの緊張がとれればいいわけですが、体全体のゆがみが整いますとこの部分の緊張が取れます。お勧めはまずは均整体操をしてください。均整関節体操、均整筋肉体操基礎編をまず行ってください。妊娠中の人は椅子バージョンがお勧めです。また、横向きに寝て足の内側を軽く踏んでもらうか手で押してもらうとさらに効果的です。やってくれる人がいれば軽く行ってもらうのもいいでしょう。

↑PageTop

へバーデン結節

2017/12/05:

へバーデン結節の50代後半の女性患者さんが来院。8年前から発症していましたがどこに行ってもよくならないので地方から来院。

カウンセリングでコーヒー、甘いものだ好きということで、たぶんこれが大きく関係していることを告げとりあえず2週間やめてもらい水を飲むことを行ってもらうようにしました。

へバーデン結節にかかわらず慢性症状をお持ちの方はアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いもの(果物含む)を一定期間やめれるかどうかがポイントになります。それだけ体に影響が大きいということです。当院に来院される7割の方はこれが原因であります。

あとはストレスと体の歪みを整えれば体は回復方向に向いてまいります。

体の歪みは均整体操、均整法でととのえました。体の歪みは見た目の歪みだけではなく、前後、左右、回旋動作がすべてできる状態でないと歪んでいることになります。これがすべてできる状態のとき体は歪んでいません。

それができるのが均整体操、均整法で在ります。均整体操で全体のゆがみをとり均整法で細部のゆがみを正しますと、血液リンパの流れが正常となり病気の快復、健康維持ができるようになります。

↑PageTop

へバーデン結節

へバーデン結節をお持ちの50代女性患者さんが来院。8年前からかかっており病院では治らないといわれておりあきらめていましたが最近痛みが出てきたのでネットで探して来院されました。

カウンセリングをしますとコーヒー、甘いもの、アルコールなど関節の症状が出ている人が食べたり、飲んだりしてはダメなものを食していましたのでその理由を説明して一定期間やめてもらうことにしました。

体の歪みですが全体的には体が固く後ろにそるのと右にねじるのが制限がありました。

均整体操で全体のゆがみを整え、細部の調整を均整法で行いますとヨガの先生並みの体の柔軟性が出てきました。同時に指のむくみもなくなりスムーズに手が握れるようになりました。水をよく飲み、家では均整体操その他を行ってもらい月に一度来てもらうことにしました。

へバーデン結節の方で当院に来院できない方はこちらをどうぞ

↑PageTop

へバーデン結節

2017/11/30:

へバーデン結節の50代女性患者さん来院。ほかの症状説いては顔、指、足にアトピー性の皮膚炎、頭痛、子宮筋腫、膝痛、足首痛などがありました。

カウンセリング開始。いつものように食べ物チェック。甘いものとコーヒー、紅茶、などをよく食しているとのことでしたので一定期間やめてもらうようにしました。これができるかできないかで結果が決まってきます。このことをお話しして、ストレス、体の歪みについて話を進めていきました。足が馬足になっていることと、胸郭が扁平になっている体型でした。これらが改善すると皮膚症状、関節の諸症状もよくなることをお話いたしました。皮膚症状は東洋医学では肺をよくする必要があります。胸郭が固いと症状が出るのです。

均整体操で体全体のゆがみを正し均整施術を行いますと体全体が柔らかくなり柔軟性が出てきました。皮膚の赤身もなくなってきました。早く来たかったが思い切ってきてよかったといわれてお帰りになりました。

へバーデン結節で遠くて当院になかなか来院できない人はこちらのマニュアルをどうぞ。

↑PageTop

頸椎椎間板ヘルニア

11月半ばに来院された頸椎椎間板ヘルニアの患者さんその後三週間で4回来院され、初めは痛みで寝ることができなかったのが夜もぐっすり眠ることができるようになりました。

今では横になると痛みはなく、起きましてもそれほど痛みは感じなくなりました。あとは指先のしびれだけです。

↑PageTop

へバーデン結節

へバーデン結節の女性患者さんが来院。一か月ほど前から指に違和感を感じ始め第一関節に結節ができ始めHPを見て来院。

いつものようにカウンセリングアルコール、コーヒー、甘いものを食べていたようですのでとりあえず2週間やめてもらうことにしました。これができるかできないかで治り方が決まりますので守るようにお願いしました。

それから体特に下半身が異常に硬くそれがもとで体全体がゆがんでいました。

まず均整体操で体全体のゆがみを正しました。前後、左右、回旋動作すべてがやりやすくなりました。すると指を触っていないのにもう指は楽になっていました。その後均整法で細部の施術を行い終了です。家では均整体操をしてもらい食べ物に気を付けてもらいひと月後に来てもらうようにしました。

↑PageTop

生理痛、月経痛

2017/11/18:

生理痛についての動画をアップロードしました。こちらを見てください。

生理痛はなぜ起こるのかといいますと、女性は子供を産むために月に一回卵巣から卵子を排卵します。卵管で精子と受精しますと子宮に着床しそこで育っていきますが、卵管で精子と受精しませんと子宮内膜がはがれ生理、月経となるわけです。そのときにプロスタグランディンが放出され子宮が収縮しますがその量が多いと痛みが増すといわれています。プロスタグランディンの量が正常であれば痛みも少ないものと思います。なぜその量が多くなるかといいますと、病気の根本原因動画はこちら)であります。栄養、ストレス、体の歪みこれが原因していると思われます。とりわけ体の歪みはほとんどの方は知りません。見た目の歪みだけではなく前後、左右、回旋動作で一つでもやりにくい動作があれば体は歪んでいます。特に現代人はしゃがむことをしません。また、踵の高い靴を履きます。そうしますと膝、太ももが緊張を起こし腰が固くなります。そうしますと骨盤内臓器の働きに異常をきたします。そのしわ寄せの結果生理痛、月経痛が起こるのです。かかとを挙げて下までしゃがむことを一日一回は行いましょう。また、体全体のゆがみを正すためにまずは均整関節体操、均整筋肉体操基礎編を行いましょう。

↑PageTop

ヘバーデン結節、子宮筋腫

ヘバーデン結節でいつも体がだるく感じる、側弯症もある50代女性患者さんがHPを見て来院。過去に子宮筋腫の手術、現在は肝内結石、足底筋膜炎、足のヘバーデンあり。

早速カウンセリング、左手の小指、右手の人差し指にプシャール結節、ヘバーデン結節があり曲がらないし、痛みもあるとのこと、いつも体がだるく何とかしたいとのこと。

関節の病の原因は腎臓んストレスにあると説明。腎臓がストレスを受ける食べ物、飲み物をまずやめることをお願いしました。コーヒー、紅茶、アルコール、甘いもの(果物含む。)など。ストレスの取り方も教え、体の歪みをとることを行いました。前後、左右、回旋動作でやりにくい動作が一つでもあれば体はゆがんでいます。この患者さんは後ろにあまり反りませんでした。それを改善すれば体の歪みは取れ血液、リンパの流れが格段と良くなり自然治癒力は最大限に高まります。均整体操で体全体の歪みを正しました。この時点で体全体が柔らかくなり後ろにそれるようになりました。同時に指が痛みなく曲げれるようになりました。均整法で施術を行いますと足の甲にありました。通称足のヘバーデン(他の施術所で言われた模様。)は柔らかくなりました。これは足のガングリオンでした。最後に顔面の筋膜を足を使ってリリースし顔の引き締め、目の循環をよくして終了。結節が小さくなっていたのには驚かれていました。

↑PageTop

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアの女性患者さんが来院、一か月ほど前から指のしびれが始まり、そのうちに腕の痛みも併発、病院で痛み止めをもらったが一向に痛みが止まらず夜も眠れない状態で、整体に行ったが症状が改善せず、紹介で当院に来院されました。

早速カウンセリング、食べ物、ストレス、体の歪みが病気の原因であると説明。立ち仕事をしているということで体の歪みが強いようなので、体の観察、後ろにそりにくい、右にねじりにくいといった体の歪みを検出。それらが改善すれば頸椎椎間板の症状は軽減すると判断。その歪みの原因は下半身、および指にありました。下半身が異常に緊張を起こし、手の指、足の指も異常に緊張を起こしていました。通常は均整体操をしてもらい体全体のゆがみを正してから均整法で施術しますが、痛みしびれがひどかったのでそれを先に止めるために施術を行いました。

病名、症状にとらわれなく、体型、ゆがみを整えることを最優先いたしますと症状が早く改善いたします。施術後首が回るようになり痛みも軽減いたしました。施術をすることにより頸椎にかかっている圧力が軽減し楽になります。一定期間通院してもらうことになりました。

↑PageTop

モートン病

2017/11/13:

数年前より足の痛みがあり、いろいろ行ってもよくならないのでネットで調べて当院に来院。

早速カウンセリング、他の症状は高血圧、胆石、甲状腺、緑内障の疑いなどの症状がありました。体を持て見ますと左ねじれタイプ。右側の緊張が強い感じでした。均整体操で全体を整え施術を行いますと体全体が柔らかくなりました。またこちらの方は足の指が異常に硬くなっていましたのでそこの調整を行いました。すると民がなくなりました。背中の緊張も取れましたので、ほかの症状も次第に取れてくることと思います。とりあえず2週間後に来てもらう予定です。

慢性症状といえども原因を追究して施術を行えば必ずいい方向に向かうものです。

↑PageTop

三起均整院

最新記事