健康BLOG

指のしびれ、肩が上がらない、腕に力が入らない

先日、フランス人のピアニストが来院されました。コンサートの翌日朝起きると左指のしびれ、左肩が上がらない、腕に力が入らないなどの症状を起こし、またコンサートがあるので早く治したいともことで来院。

早速体を見てみますと左首の前の部分が異常に緊張しておりその他に左手拇指、仙骨部、両アキレス腱、両足の拇指にも異常傾斜圧がかかっていました。

こちらの患者さんはフランスでもオステオパシーなどの自然療法を日ごろから受けていましたので当院の筋膜理論を説明したところすんなりと受け入れていただき非常に施術がやりやすかったです。もちろん食べ物、ストレスについてもお話いたしました。

また家でできる均整体操も教えてそれを交えながら施術を行いました。

人は立っているだけで何か所か緊張している場所があります。これは体型により人によってその場所は違います。この場所が異常に緊張しますと緊張している所が引っ張り合い体がゆがんできてしまいます。その結果今の症状が現れるのです。ですから一番最初にやらなければならないのは異常緊張を起こしている場所を解かなければならないのです。普通肩、首、指のしびれといいますと頸椎のつまりが考えられますが均整法ではそうは考えずに異常緊張部位(異常傾斜圧部位)の調整を行います。この考えを理解していただき施術いたしました。この患者さんのポイントはなんと左足の親指でした。ここをつまむと肩首、指のしびれはなくなりました。抑えながらの運動療法を行ったところ症状は軽減いたしました。合計3回の施術を行いピアノが弾ける状態になりました。最後に家でできる均整体操をこの患者さんに会った方法にアレンジして教えて施術は無事終わりました。

↑PageTop

へバーデン結節、指の痛み、しびれ

ヘバーデン結節の女性患者さんが東北地方から来院。

東京に来る用事がありHPをみて一度当院での施術を以前から受けたいと思っていましたので来られたとのこと。早速カウンセリング。話を聞いてみますとこの患者さんは運動が嫌いで甘いものが大好きというところがへバーデン結節の原因だということがわかりましたので。

まず甘いものをやめて水をよく飲むことをお勧めいたしました。そして体の歪みを整える均整体操を毎日行うことを指導いたしました。

実際均整体操を行ってもらい体全体、指の痛みが楽になることを体験してもらい最後は均整施術で細部の調整を行いました。こちらの施術理論動画はこちら)がわかり痛みが楽になりましたのであとはこちらの指示通りの行えば改善していくと思います。食べ物が原因である場合は月単位で改善していきますので根気よく対処するのがポイントです。

↑PageTop

モートン病、足底筋膜、足の痛み、しびれ

モートン病、足底筋膜炎、足の痛み、しびれがある女性患者さんが来院。マラソン、ジョギングを長くやっており、普段痛いときもあれば、痛くない時もあるといいます。走ると10キロ過ぎと足裏が痛くなり走ることができないといいます。

マラソン、ジョギングをおこなっている人は私の経験上ほとんどの方は足の指が固くなっています。また足の甲も相当緊張していますのでそれを解消しますと下半身のトラブルはほとんど解決いたします。

どうやって解消するかがポイントになってきます。立った姿勢で横から指を挟んでよくもみます。また、立った姿勢で市の甲の緊張をとります。そうしますとマラソン、ジョギングを行っている人の足のトラブルは解決いたします。こちらの患者さんには均整体操、均整施術を行い、最後に足の指、甲の緊張をとりました。相当楽になってと喜んでお帰りになりました。月に一期位メンテナンスに来ることを勧めて終了。

↑PageTop

ヘバーデン結節、指の痛み

歯のクリーニングでお世話になっている、歯科医の先生に3か月前に最近指が痛くなりwebでヘバーデン結節、指の痛みで検索していたら筒井さんが出てきてびっくりしました。といわれ歯の治療後、簡単な施術(1分くらい)と注意点を説明して帰りました。昨日歯のクリーニングに行きましたところ、あれ以来痛みはなくなって助かっていますと感謝されました。その注意点とはコーヒーを飲まずに水をよく飲むことでした。私のところに来院されるヘバーデン結節の7割の方はコーヒーの飲みすぎによりヘバーデン結節、指の痛みを訴えております。この歯科医の先生も毎日コーヒーを飲んでいましたので、それをやめて水をよくものことをアドバイスしただけです。

それほど食べ物というものは体に影響を及ぼします。以前は体を酷使して、体の歪みが生じそれが大きな原因となりヘバーデン結節になる人が多かったのですが、最近はそれに加え食べ物、コーヒー、甘いもの(果物含む)、アルコール、紅茶、緑茶の取りすぎによりこの病気にかかる人が増えています。それを改善するには一つ一つ取り除くしか方法はありません。長くかかって発症しますので、改善するにも時間がかかる人もいますが根気よく行えば必ず改善すると思いいます。特に体の歪みを整える均整体操(均整関節体操、均整筋肉体操、均整筋膜体操など)は優れたアイテムでありますので毎日力を抜いて行えば必ずいい結果が出ます。

↑PageTop

モートン病、足裏の痛み

モートン病、(足裏の痛み)の女性患者さんが来院左足裏、拇指と第2指の間に体重かかかると痛みが出ていました。

他には慢性的な左腰の痛みがありました。体の動き(歪み)は後ろにそることができませんでした。

食べ物ではコーヒー、甘いものをよくとられていました。これらの物をとっていては腎臓のストレスを緩和することができませんので関節の痛みは止まりません。これらの物をやめて水を飲むことを行ってもらうようにしました。

モートン病はコーヒー、甘いものをやめて体全体の歪みを整え、足の甲の筋膜の緊張をとることを行えば足は楽になります。

上記を行いましたところ随分楽になったとのことでした。足裏に繊維の緊張がありましたので何度か施術が必要なことを告げ2週間後に来てもらうようにしました。

↑PageTop

へバーデン結節、プシャール結節

地方からへバーデン結節、プシャール結節の患者さんが来院。ご主人とともに来院でしたので一緒にカウンセリング、お話をさせていただきました。数年前から指が痛く変形がありいろいろなところで見てもらったそうです。手専門の病院では注射をしてもらいましたが、やった時はいいのですがまた痛くなり、この注射は3回しか受けることができないとのことでそのあとは手術ということでした。手術をしますと指が動かせなくなるので、怖くなりいろいろウェブで探して当院にたどり着きました。また頭痛もよくなるということでした。

いつものように栄養、ストレス、体のゆがみなど病気の根本原因についてカウンセリングを行いました。

するとコーヒー、甘いものが大好きだということでした。これらをやっていると痛みは止まりませんのでいったんとるのをやめてもらうことにしました。そして水を一日1.5リットルは飲むように指導しました。

その後体全体の歪みをとるために均整体操、均整施術を行いました。体全体の歪みが取れますと指を触らなくとも痛みは取れてきます。(詳しくはこちらを。)普通の人はこのことを知りませんので終わった時の爽快さに驚かれます。こちらの患者さんもその場で指が握れるようになりました。

↑PageTop

膝痛

2018/02/01:症状 膝痛

膝痛の女性患者さんが来院。もともと右膝痛がありましたが、先日の雪で転びおな足の膝を痛めてしまいました。

外傷は右ではなく左膝にありましたので筋膜が突っ張ったために損傷し痛みが出、曲げられなくなったと判断いたしました。

こういった場合は交通事故と同じで全身の筋膜の緊張を取り除くことが早く改善する方法ですので、最初に均整筋膜体操の抵抗法を行い全身を動かしてから均整法の施術を行いました。特に腹部の緊張が強かったのでその部分の施術も行いました。すると曲げられなかった膝が5割り程度曲がるようになりました。あとはまた来週に来てもらうことにいたしました。

↑PageTop

ヘバーデン結節、指の痛み

ヘバーデン結節の40代女性患者さんが来院。左の肘もテニス肘があるとのこと。

この方はすべての指の第一関節が膨らみあかみをもっているタイプでした。

曲げると痛み違和感があり数年前から症状がでているとのことでした。

食べ物、ストレス、体の歪みチェックを行いますと。コーヒー、甘いものが好きで、これを改善してもらう必要があることをお話ししました。ストレスはそれほどなく、体の歪みは、前後、左右、回旋動作づべてがやりにくく、体全体が硬く老人体型になっていました。

歪みをとる体操、均整体操を行い、均整法で細部の調整を行いますと指の痛み、違和感がなくなりました。但し、食べ物を正さないとすぐに戻ってしまうことをお話し、2週間に一度来院することをお勧めし施術終了です。

↑PageTop

へバーデン結節、指の痛み

先日、へバーデン結節(指の痛み)の男性患者さんが来院。小指が膨らみ曲げると痛みが出るとのこと。

カウンセリングの結果食生活が乱れており、これを改善するように指導。コンビニ弁当など添加物の多いものをとっていましたのでそれをやめて野菜を多くとるように指示。サプリメントもご紹介しました。コーヒー、甘いものもやめてもらいました。

便秘もひどいことでしたので体を見ますと、極端に下半身外側の緊張が強くこれが便秘に影響を与えている公算が大きいので体全体の歪みをとる均整体操、均整術、を行いました。下半身の緊張が取れますと小指の痛みも取れました。へバーデン結節は指の病気ではなく体全体の病気になりますのでこのような方法がベストとなります。

食事の面が変わってこないとまたすぐに痛みは出ることを告げ、家では食生活の改善、歪みをとる均整体操を主としたエキソサイズを行ってもらい、2週間に一回の通院をお勧めしました。

↑PageTop

首の痛み(寝違え)

2018/01/26:症状 首の痛み

最近東京でも雪が降り寒い日が続いておりますが、首の痛み(寝違え)を訴える人が増えてきています。今日は寝違えの解消法をご紹介いたします。

首の痛みには急性のものと慢性のものがあります。急性のものは筋膜の緊張が主であり、慢性のものは泌尿器すなわち腎臓のストレスであります。後者は食べ物に気を付けなければなりません。アルコール、コーヒー、紅茶、緑茶、甘いものをやめて水をよく飲むようにしてください。カフェインの入ったものは交感神経を興奮させるカテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリンなど)が出るようになります。カテコールアミンは副腎髄質から出ますので腎臓にストレスをかけます。

体の歪みも原因になりますので均整体操などで体の歪みを正す必要があります。それをやったうえでユーチューブに今日アップロードした方法をお試しください。肩の痛みにも有効なものになります。こちらからどうぞ。

親指の付け根を圧迫することにより首周りの筋膜、肩周辺の筋膜の緊張が取り除かれます。但しこの部分に緊張がない人はほかの方法をとらなければなりません。耳をよく揉んだり、頭全体をよくもむ、腰の緊張をとるなどが必要になります。とりあえずやってみてください。

↑PageTop

三起均整院