健康BLOG

へバーデン結節、足底筋膜炎

先日、へバーデン結節、足底筋膜炎の女性患者さんが来院。へバーデン結節といいましても中指一本だけが痛み、しびれがあり、結節はできていませんでした。足は右足の踵が歩くと痛く、整形外科の受診ではとげができているとの診断。

いつものようにカウンセリング食べ物の話から入り、ストレス、体の歪みの話と移り原因を追究。コーヒー甘いものは以前は相当摂取していたとのこと。今はHPをみてやめているとのことでしたので、体の歪みをとることに重点を置きました。

均整体操で体全体のゆがみを正し、均整法の施術で細部の調整を行いました。足底筋膜炎は足の甲の筋膜を緩めるのがポイントになりますのでそれも行いますと足の民が和らぎました。指の痛み、しびれが楽になり施術終了。家でできることを教えて1っか月後くらいに来院予定。

↑PageTop

へバーデン結節

先日へバーデン結節の女性来院。数年前からへバーデン結節にかかるがそんなに痛くもなかったのでそのままにしていたとのこと。

最近になってほかの指が痛くなりひどくなってしなわないようにと来院。

いつものようにカウンセリングを行った結果、赤ワイン、コーヒーをよく飲むということが判明。

へバーデン結節は腎臓のストレスが原因であると東洋医学では考えられていますのでまず腎臓を休めることが必要であります。そのためには上記の飲み物を一定期間やめる必要があります。そして水を飲むことです。これを行うように指導しました。

そして体の歪みをとることも必要ですので均整体操、均整施術も行いました。前後左右回旋動作がスムーズにできるようになり指の痛みも和らぎました。

家では飲み物に注意し、均整体操をしてもらうことして施術終了です。

↑PageTop

ヘバーデン結節、血管炎

ヘバーデン結節の女性患者さん来院。そのほかにも血管炎、高血圧、股関節痛、膝痛などの症状をお持ちでありました。6種類くらいに薬も服用中ということであります。血管炎を長く患っているために腎機能も相当低下しているということであります。

カウンセリング開始。その結果毎日のコーヒー、甘いものこれ長年続けているということ。これらを長く続けますと腎臓にストレスを与えることになります。その結果血管炎にり患したと考えます。血管炎に限らず膠原病は東洋医学では腎臓のストレスが原因とされています。それらを取り除くことが体全体を健康に導くものであると説明しました。

体も硬く上部胸椎がほとんど動きませんでした。均整法では血圧のポイントでもあります。

よって食べ物、体の歪みが体の諸症状の原因であると位置づけそれの対処法を行いました。食べ物ではコーヒー、甘いものを2週間やめてもらい水をよく飲むこと、ビタミンCをとることをすすめました。そして歪みを正すために均整体操、均整施術を行います。体の柔軟性が出てきて全体が楽になりました。するとヘバーデン結節の痛みも和らぎはじめました。2週間後に来てもらい、その時の状況でその後の食事、均整体操など家でやってもらうことを再度決める予定です。血管炎は難病でありますけれども原因をうまく取り除けば何とかなるものであります。特に体の歪みが病気の三大原因の1つであることはほとんどの方は知りません。もしそれが原因の場合は歪みを取り除かなければなりません。

↑PageTop

へバーデン結節 ストレートネック

へバーデン結節の女性患者さんが来院。首も後ろに曲げると痛みが出るということです。

早速30分ほどカウンセリングをして原因の追求を行いました。その結果、食べ物ではコーヒー、ケーキが大好きでよく食べるとのことです。それを一定期間やめてもらい水とビタミンCをとることを進めました。

また、ストレスも相当ある様でしたので話を聞き、脳の左右バランスをとることによりストレスをとる方法を教えました。

体の歪みは、後ろにそれないのと、右にねじりにくいゆがみの形をしていましたので、最初に均整体操で全体のゆがみを正し、その後細部のゆがみの調整を行いました。

体は後ろに反ることができるようになり、左右のねじりも後ろが見えるほどねじれるようになりました。

首は後ろにそっても痛みがなくなり、指の痛みも軽減しました。全部で120分かかりましたがこの方法をマスターすると自分である程度体の歪みを正すことができるようになりますので頻繁に通う必要がなくなるばかりか、複数の症状が一度にとれますので慢性症状をお持ちの方は初回は120分コースがおすすめになります。次回は1か月後位に来院予定です

↑PageTop

ヘバーデン結節、プシャール結節

ヘバーデン結節、プシャール結節の患者さんはいたるところにいるようです。

私が定期的に歯のクリーニングに通っている歯医者の先生も手の第二関節に痛みがあり指のことで検索をしていたら私が出てきて驚いたそうです。

まだ、かかり始めのようでしたのでコーヒー、甘いもの、アルコールをやめればそれだけでも痛みが楽になることを教えました。私の歯のクリーニング後、1分くらい時間をもらいポイントを施術しましたら、少し楽になり喜んでおられました。

↑PageTop

緑内障

2017/07/09:

2週間ぶりに緑内障男性患者さんが来院いたしました。

前回来院されたときに、膝から下のO脚(馬足)と毎日の飲酒、コーヒーが緑内障の根本原因であることが予想されましたので、それらを改善するように均整体操、飲酒、コーヒーをやめて水をよく飲むことをおこなってもらっていました。

その結果、全体の血色がよくなり、目の周りの違和感がなくなっていました。2週間に一度の施術と飲酒、コーヒーの禁止を当分続けてもらうことにしました。

↑PageTop

頭のふらつき、眠気、だるさ

2017/07/08:

15歳の男性患者さんが来院しました。症状はひと月前から頭のふらつき、眠気、膝痛、だるさであります。

いつものようにカウンセリング。

その結果、昼間に眠くなるからコーヒーを毎日飲むようにしているとのこと。いつから飲んでいるのかといいますとひと月前からということです。

症状から見ますとすべての症状が腎臓にストレスをかけた時に出る症状です。腎臓にストレスをかけるものの一つにコーヒーがあります。それを一定期間やめて水を飲むようにしてもらいました。

体の歪みのほうは極端に前後動作が固かった。その原因は下半身の異常緊張が原因でした。均整体操群で体全体のゆがみを整え均整術で細部を整えますと体が柔らかくなりました。

家でできることを教えて施術終了です。コーヒーは合わない人が常時飲みますと様々な症状がでてきます。特に腎臓にストレスを与えますので気を付けましょう。

↑PageTop

モートン病

2017/07/02:

70歳代女性でモートン病の疑いのある患者さんが来院。両足の第三、第四指の裏に痛みがあり、足の専門病院にかかったところ注射を足背に打ってもらったそうです。その後足先から膝、太ももに違和感を感じ始め怖くなり、行くのをやめインターネットで検索して当院に来院されました。

いつものようにカウンセリングで原因を探ります。食べ物なのか、ストレスなのか、体の歪みなのか、こちらの患者さんは甘いもの、体の歪みが原因でありましたのでそれを改善するように指導。体の歪みは均整体操、均整術で取り除きました。その場で体全体の柔軟性が回復し痛みはなくなりました。特に足背の筋膜の緊張が大きくかかわっていました。高齢者の方でも体の柔軟性は回復し体の歪みをとることができます。

食べ物と、体の歪みをとる均整体操の指導をして施術終了です。

↑PageTop

モートン病

2017/07/02:

↑PageTop

緑内障

2017/07/01:

うれしい報告がありました。1月に視野検査で緑内障が進行していることが発覚した男性患者さんは、インターネットで当院を知り来院されました。その後月2回の来院を行い先日視野検査を行ったところずいぶんよくなっているといわれたそうです。

1月の時点では徐々に悪くなっているといわれていたそうですが、ここにきて回復してきたといわれ気持ちも晴れたそうです。

↑PageTop

三起均整院

最新記事